日々のライド

インプレ

やっとクリンチャー並みに軽量になったチューブレスタイヤ。キシリウムエリートUST に IRC Formula S-light を装着!リム+タイヤで620gの組み合わせはどうなのか!? 

これまでのピュアチューブレスは300g近い重さがあり、クリンチャーに対して明らかに重かったのですが、チューブレスタイヤもここ数年でチューブレスレディ化して軽量になってきました。そろそろ重さを理由にチューブレスを使わない手も無いのではないで...
ロングライド

秘境、裏養老渓谷を走ってきた!googleMAPに載っていない道をロードバイクで走る!

ロードバイクで走る道なのか甚だ怪しい道ですが、養老渓谷の裏側を走って来ました。中々楽しい道だったので、レポートです。 養老渓谷の山の中!裏養老渓谷は楽しいところだった! 一般的に養老渓谷というと、出世観音から二段トンネルに通じ...
インプレ

360度カメラ使用インプレ!ロードバイクの走行を360度カメラで撮影してみたら凄かった件

360度カメラってなんか高そうな印象あるけど、実は意外に安くて25000円位で買えます。で、360度カメラがあれば、いとも簡単にVR動画作ったり出来る。 とても面白そうなガジェットなので、カメラを借りて撮してみました! RIC...
スポンサーリンク
まとめ

彩湖のCHAPTER2試乗会の手伝いをしてきました

今回、CHAPTER2試乗会が彩湖で行われるということで、縁あって召喚されたのでお手伝いしてきました(^^; 彩湖の試乗会で、乗る側ではなく、やる側をやってみた 何事も経験!ということでやってみましたが、中々面白い体験でした。...
ロングライド

「グランサイクルロゲイニング×きみと、波にのれたら ~スナメリ探しの3 か月~」に参加してきました、イベントレポート

先日、外房のサイクリングイベントに参加してきたのでレポートです。 ※イベント詳細はこちら↓ 「グランサイクルロゲイニング×きみと、波にのれたら ~スナメリ探しの3 か月~」に参加してきました、イベントレポート ...
サイクリングコース

外房エリアのサイクリング・イベント!人気サイクリストとのライドや、試乗会も

なんと、2020年11月15日から2021年2月20日まで外房エリアでサイクリングイベントが勃発します!題して、「グランサイクルロゲイニング×きみと、波にのれたら ~スナメリ探しの3 か月~」! 外房エリアのサイクリング・イベント!...
メンテナンス

登坂中、ダンシングで落車しました×2

まさか!の登り最中に落車しました(^^;  恥ずかしいのであんまり「落車した」なんて書きたくないですけどネ・・・ ダンシングで落車!登りなのに落車かよ! さて、私のこれまでの落車経験といえば、無茶な激坂(35%以上)をア...
ヒルクライム

サイクリングジプシーカフェ(CYCLING GYPSY CAFE)のグランフォンドイベントに参加してきました!@小田原

さて、以前チャプター2ジャパンについての記事を書きましたが、チャプター2ジャパンはサイクリングジプシーカフェとしてリニューアルOPENしました! サイクリストウェルカムなカフェ、サイクリングジプシーカフェ(CYCLING GYPSY...
房総半島サイクリング

房総半島のヒミツに迫る!太古日本の陰陽道と、勝浦×大多喜の奇妙な関係

前回、房総半島の日本神話について記事を書きました。マニアックすぎる内容と思いましたが、意外と好評なので歴史的なお話を新しく書いてみます^^ 房総半島のヒミツに迫る!太古日本の陰陽道と、勝浦×大多喜の奇妙な関係! タイトルがめち...
房総半島サイクリング

房総半島の神社ライド!超重要神社が並ぶ房総半島は、古代日本(神武天皇の時代)の最前線基地だった!

房総半島の神社と日本神話について記事を書いてみます。 房総は重要な神社が南北に並んでいるため、日本神話を踏まえてライドするのもたまにはいいでしょう!記事は北の鹿島神宮から南の安房神社へと南下するように書いていきます。 房総半島...
サイクリングコース

BBBASEのサイクリング!一宮から鴨川まで、サイクリストのガイドをやってみた件

房総半島を走るサイクルトレイン「BBBASE」が再稼働しています。そんな中、いすみ市のサイクリングガイドをお願いされたのでお客さんと一緒に走って来ました^^ BBBASEといすみ鉄道を活用したサイクリング!上総一ノ宮から鴨川まで ...
まとめ

房総半島を「自転車先進国」にする取り組みについて、自転車を二次交通として活用しよう!

皆様「いすみ鉄道」ってご存じでしょうか?上の写真のように、なんと自転車ごと列車に乗せることが出来る鉄道です。 さて、かなりファンも多いいすみ鉄道ですが、実は赤字経営で、税金を投入されて生き長らえている状態。日本中にある、地方鉄道は恐...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました