新型デュラエースR9200とアルテグラR8100について、ディスク用だけでなく、リム用の12速Di2も発売される?!

この記事は約11分で読めます。
スポンサーリンク

新型デュラエースR9200の情報をチラホラ見かけるようになりました。12速のスプロケットは CS-R9200、CS-R8100, 11-12-13-14-15-16-17-19-21-24-27-30Tが用意されていることがほぼ確実でしょう。

CUBEのホームページでは既に新コンポを撮影済みですが、8/31までは公開できないことが分かります

企業向けの発表の後、極秘で新モデル用の撮影が行われたのが上のCUBEの画像でしょうね。さて、一般向けにはいつの発表になり、いつ頃デリバリーされるのでしょうか?

ついに発表されました!!新DURAACEとULTEGRAはこちらへ

スポンサーリンク

新型DURAACE(デュラエース)R9200とULTEGRA(アルテグラ)R8100について

以下、見かけた情報から新型のR9200とR8100について予想してみました。

新型DURAACE(デュラエース)R9200の発表日は?新型ULTEGRA(アルテグラ)R8100も同時発表になる?!

発表日については、シマノ100周年の日がほぼ確定的と思ってよいでしょう。→盛大な釣りでした(^^; 結局発表されなかったので予想しなおします。

今回、CUBEのウェブサイトをみると8/31まで発表できないような記述があるので、改めて発表スケジュールは9月1日発表と見てよいのではないでしょうか。そして、新コンポはやはりまず完成車に搭載油圧ディスク×Di2仕様が優先して生産されますが、リムブレーキDi2用の R8150 も間を開けず(同時かも)にリリースされると予想。

おまけ:SHIMANO公式100周年サイトはこちら

シマノ100周年アニバーサリーサイト | シマノ-SHIMANO-
シマノは、2021年3月21日に創業100周年を迎えました。自転車部品、釣具、ロウイングの分野で、より自然との調和を目指しながら常に新たな価値を創造し、人々の幸せを追求し続けたシマノの100年。次の100年も、「こころ躍る製品」を皆様にお届けしてまいります。

DURAACE(デュラエース) R9200の仕様はどうなるのか?

12速化、11-34Tの追加、無線Di2化というのは確定でしょう

ところで、34Tがあるなら、DURAACEのリアディレーラーにもGSとSS仕様ができるのでしょうか?

R7000のGS仕様のディレーラー

私はリアディレイラーは1種類のみだと予想します。つまりローギアは28T-34Tの間に収まるようになるでしょう(RD R9250 SS、RD R8150ともに最大34Tまで)。※因みにカンパ12sもローギアは29T-34Tです。

次期モデルらしいという噂の画像

また、遅れてワイヤー式変速も用意されるでしょう。最近はアルテグラを買う人が増えてデュラを買う人が減っていると聞きます。特にDi2のデュラエースは非常に高額。販売数も振るわないに違いありません。ということで、今回も後からワイヤー変速のデュラエースも作るに違いないと思います。

現行のR9100のワイヤー式STI

そうなると相変わらず悩みどころとしてはワイヤー式のデュラエースかDi2のアルテグラかどっち?ということですが、今回は無線化がトピックなので、R8100の電動アルテグラが優勢になりそう。

問題はDISCブレーキ仕様のみか、リムブレーキ仕様も用意されるか?ですが、ここは次の項目でも説明しますが、リムブレーキ仕様の12速が用意されると見ていて良いと思います。

リア12速化でホイールの買い替えは必要になるか?

SRAMの12速では10Tを入れるために、既存のフリーが使えなくなり、変更になりました。しかし、SHIMANO R9200には10Tの用意は無いということですので、これまでのフリーに入るようにスプロケットを設計するはず。カンパの11速→12速の時と同じように、ホイールを交換する必要はないでしょう。

SRAM12速用のXDRフリーハブ

ホイールを交換する必要がないということからも、既存リムブレーキのホイールへの対応性を持たせた→リムブレーキ仕様が発売される、と言えると思います。もし、ディスクブレーキ用のみの発売であれば、変速はDI2のみということも考えられます。しかし、リムブレーキ用を発売するのであれば、ワイヤー式変速もニーズが多いのではないでしょうか。

これまでのネーミング通り、R9250、R9270が存在することは確定的?!

※油圧ディスク×DI2にあたる型番 ST-R9270 の基盤の画像↓

ST-R9270と書かれた基盤。これは本物なのでしょうか?

ネット上に基盤の画像がありました。ということで、これまで通りのネーミングでディスクブレーキ用のDi2対応となる型番ST-R9270が存在するでしょう

探せばRD-R9250-SSの基盤の画像も出てきます。

こちらはRD-R9250と書かれています

詳しくはこの辺を見てください

DURA-ACE R9250 semi-wireless Rear Derailleur Manual published | BetterShifting.com
The FCC just released the manual for the new Shimano RD-R9250 12 speed semi-wireless rear derailleur. This page looks at the manual to see if there's any secret...

Ultegra(アルテグラ)のR8170も12速で発売

確実にデュラエースより多く売れるのがアルテグラ。完成車でR8170が12速で発売されるようですね。ということでDi2用のR9200とR8100が同時発表されるでしょう。

こちらはこの辺を見てください↓(^^;

Superior X-Road Team Issue Di2 | FirstBike

リムブレーキ用の12速コンポ!ST-R8150、BR-R8100!リムブレーキ用R8100のDi2仕様が存在する?!

ところで、このようなスペック表を見つけました。

次期完成車と思われるスペック表 なんと!リムブレーキに対応する型番ST-R8150の文字があります

なんとST-R8150の文字、そしてリム用のダイレクトマウントBR-R8110-F, BR-R8110-RSとの記載があります!!ということで、(誤植やガセネタでなければ)リムブレーキ用の12速Di2はきっと発売されるでしょう!とはいえ、これから完成車でリムブレーキを用意するメーカーも購入する人も少ないとは思いますが・・・(^^; これまでのリムブレーキを大切に乗りたい人には朗報ですね。

現行のリムブレーキ用STI、SHIMANO ( シマノ ) ST-R8050 新型のST-R8150の可能性はあるのか?!

機械式変速の12速化はどうなるか?

ワイヤー式変速のSTIは型番でいうと ST-R9200 や ST-R8100、ST-R9220、ST-R8120。今の段階でこういうリーク画像が出てきていないので、ワイヤー式変速が同時には発売されることは無さそう。むしろ見かける完成車のコンポにも、ワイヤー式は11速アルテグラが採用されています。つまり、コンポの生産が落ち着いてきて、半年~一年後にワイヤー変速の発表&発売というパターンになりそう。

もし出なかったらSENSAHの12速(互換性あるかは謎)か、Growtacのイコールレバー(どんなコンポでも変速できるレバー)が発売されるのを待つ手があります(^^;

12速コンポ(CS R9200,CS R8100)のスプロケット構成

上記のスペック表から12速スプロケットとしては、CS-R9200、CS-R8100 の 11-30T 11-12-13-14-15-16-17-19-21-24-27-30Tがあることが分かります。11速の11-30Tに16Tが入るのはかなり使い勝手が良いでしょう。そして、完成車は11-30Tが標準になりそうですね。

他にシマノでありそうなスプロケは11-34T,11-28Tあたり。となると、11-28Tも16Tが入って、11-34Tは11速の11-30Tの下に34Tが入ったものになるでしょう。あとは11速でデュラエースにだけ存在した12-28Tの下に32Tを追加した、12-32Tも出るかもしれませんね。

ヒルクライム向けなどの完成車は11-34T搭載で発売されたりするでしょう。

FD-R9250-F、FD-R8150のスペック

ネットで散見されるスペック表からすると、フロントディレーラーはFD-R9250-F(46T-55T対応)、FD-R8150(50T-54T対応)が濃厚。

FC-R9200、FC-R8100など他のパーツについて 

クランクセットもこれまでのネーミング通り FC-R9200、FC-R8100

試作品かもしれませんが・・・

油圧ブレーキは順当に BR-R9270、BR-R8170。一方でチェーンはCN-M9100、CN-M8100、ディスクローターはRT-MT900、RT-MT800とMTBコンポと共通になりそうですね。

R9100、R8000と比較したときにどうなるか?

クランクアームは少しが形状が変わっているような感じ。現行クランクは破断事例を見かけるので、改善されていることに期待。

コンポの総重量は、Di2は無線化の影響で軽量化、機械式は12速化の影響で若干重量化すると予想されます。

発表後、どれくらいで手元に届くか?

R9100の時は、2016年6月30日に発表、同年9月にはワイズロードが記事にしているので既に店舗に届いていたということになります。つまり発表から最速で2か月くらいで実物が届くということ。

今回は他のDi2パーツが品薄なこともあり、少し前からこちらに生産をシフトしていたのでは??と考えるとグループセットならすぐに手に入ってもおかしくありません。

超高そうなDURAACEの箱

このことからも、運が良ければ11月には試乗車に乗ることが出来るでしょう。

R9200は買いか?

R9200は、最後のリムブレーキ式12速コンポということできっと良いものだと思います。例えばリムで9000系や6800系、5800系を使っている人からのアップグレードには最高かと。(リム用はアルテグラだけっていうこともあるかも・・・(^^;)

発表時には賛否両論あった、現行のFC R9100。デュラエースはデザインも気になりますね

しかし現行のR9100、R8000系もかなり良いものですし、シマノって2世代くらい飛ばさないと劇的な進化を感じにくい面もあります。リムは11速で十分という人は、DISCブレーキデビューにR9200やR8100の12速を選ぶのも良さそうです。

ディスク車への移行で、売れるのはきっとアルテグラR8170系

油圧ディスクでSTIが大きくなる傾向&フル内装フレームが増えているということで、やはり電動アルテグラの完成車が売れるのでしょうね。シマノにとっては自社の電動コンポにユーザーを取り込むチャンス!

ST-R8020554g油圧ディスク用 ワイヤー変速
ST-R9120538g油圧ディスク用 ワイヤー変速
ST-R8070360g油圧ディスク用 Di2
ST-R9170320g油圧ディスク用 Di2
ST-R8000438gリムブレーキ用 ワイヤー変速
ST-R9100365gリムブレーキ用 ワイヤー変速
ST-R8050295gリムブレーキ用 Di2
ST-R9150230gリムブレーキ用 Di2
これまでのコンポのSTI重量表 油圧STIはDi2をえらびたくなります

ワイヤー式ディスク派の人は、リムブレーキ用Di2のST-R8150とEQUALのディスクブレーキを組み合わせるのも良いですね。

まとめ:発表が楽しみな新型R9200デュラエースとR8100アルテグラ

これらは正式な発表では無く、あくまで見聞きした画像などからの勝手な推測です(^^; 実際の発表に合わせてデュラエースの公式サイトもリニューアルされるのが楽しみですね!

DURA-ACE | Shimano Road
DURA-ACE is Shimano’s best road bike groupset. It is about perfection. About striving for the ultimate in everything you do. It’s made for those who never compr...

自分自身は、R9100の時の官能性能に感動してデュラエースを買ったのですが、その後に発売されたR8000の完成度も高かったので、今回はアルテグラでいいかなぁ~。というか電動コンポだと高くなるので(あと電動変速の感じがあまり好きではないので)、12速スプロケットのみを購入して、今のアナログシフター(ダイアコンペの WING SHIFTER)で引いてみることにしそうです(^^;

 

ブレーキがかなり安くなっている(片方で定価2万円超えなので45%オフ位?)、R9100のパーツ。またペダルは耐久性も良いデュラエースが良いかと。スプロケットはデュラエースも使ったけどアルテグラで十分かな。

発表されたR9200とR8100のまとめ

R9200やR8100を待たずに、シマノフリーで12速化する方法

先に12速化しているカンパニョーロ

カンパの13速コンポEKAR(エカル)について

11Tが必要ない人は12Tスタートのスプロケットを使えば11速でも同じこと・・・MICHEのスプロケットなら12-34Tが出来ます

無線DI2とは真逆の、超アナログ変速システム(多分12速が引ける変速システム)はこちら

コメント

タイトルとURLをコピーしました