SHIMANO XTR PD-M9100 SPDペダルのQファクターの考察

この記事は約7分で読めます。
スポンサーリンク

以前の記事で俄然興味がわいてきたSPDペダル。しかし、SPDペダルを導入するにあたって、問題はペダルの種類が多すぎるという問題。一体全体どれを選んでいいのやら…ということで調べてみました。

スポンサーリンク

SHIMANO XTR PD-M9100と、その他のSPDペダルのQファクター

SPD-SLペダルとの違いとして、Qファクターと重量の比較。また、SPDペダルにはガード付きとガード無しがありますね(^^; まずはシマノの XTR PD-M9100から見ていきます。

SHIMANO XTR PD-M9100 シマノSPDペダルのQファクター

さて、シマノのSPDペダルは、QファクターがSPD-SLペダルより広く55mmになります。

QファクターがSPD-SLと同等の、XTR PD-M9100-S

SPDペダルのQファクターは通常モデルが55mmのところ、XTRならペダル軸が3ミリ短いショートモデルが販売されています。このショート版はQファクター52mm。スタックハイト8.1mmで310gPD-R9100のQファクターも52mmなので、同じように使えます。

一方でケージ付きのPD-M9120にはショートモデルが無いのでQファクターは55mm、重量も398gになります。

ケージ付きのPD-M9120

ケージ付きのSPDペダルは踏み面が広がることで、踏みやすくなるメリットがあります。

一方で、ケージ無しは踏むポイントが点にになってしまうが、軽量になるという特徴があります。

シマノHPでは、ソール剛性7のXC5シューズ(298g)で、ケージ無しペダル(PD-M8100)とのマッチングをお勧めしています。つまり、それくらいの靴であればケージ無しで問題無し。逆に剛性指数4や5くらいのシューズはケージがあるものを選んだほうが良いでしょう。

クランクブラザーズのSPDペダル EGG BEATER (エッグビーター) とCANDY(キャンディ)

実はシマノ以外にも優れたSPDペダルが存在します。

このクランクブラザーズのペダルは、私がこれまで唯一使ったことがあるSPDペダルです。なんと 4面でクリートをキャッチ出来る優れもの!

クランクブラザーズのペダル EGG BEATER (エッグビーター)は285g。Qファクターは52mmショートスピンドル化することで更に 4mm Qファクターを詰めることが出来ます

コンパクトなSPDペダル EGG BEATER2。285g。 ¥11,670

ちなみにチタン製のハイエンドモデルegg beater 11 は174g(ペア)と、もはやSPD-SLペダルより軽いですね(^^;

まさに点でしかないペダルですが、SPD-SLシューズ(ガエルネのハイエンドシューズ 剛性は10とかそういうレベル)に SPDクリートをつけて漕ぎましたが、ソール剛性が十分あったので、点で踏んでいる感覚はデュラエースのペダルPD9000と比べても、そこまで大きなデメリットと感じませんでした(もちろん少しは劣ります)。また、キャッチ面が4面あるので嵌めるのも楽ちんです。

あ、そうそう、クランクブラザーズには、アダプタがあるので、SPD-SLをSPDシューズとして使えるのです↓


3ホールクリートキット 。これでクランクブラザーズ用のSPDペダルを、SPD-SLシューズに使える。
また、シマノのSH-SM41アダプターでもSPD化可能です。

つまり、このアダプタを使えば SPDペダルのまま、SPD-SLシューズとSPDシューズの両方をつけられるということ。これは便利!

SPD-SLシューズをSPDに変えられる、クランクブラザーズのアダプタの、詳しい情報はこちら↓

ロードシューズでクランクブラザーズのペダルを使うには
クランクブラザーズペダルとロードシューズの相性ってどう? こんにちは、カスタマーサービスのカマタです 私、クランクブラザーズのペダルを使って早12年。 殆ど他のペダルを使ったことがありません。 ロードでもMTBでもクランクブラザーズのペダルを愛用しています。 「ロードシューズでクランクブラザーズのペダルって使えるの?」...

ということでやはり剛性が高いシューズであれば、踏み面の広くなるケージ付きの キャンディ1 [CANDY1](294g)である必要性はないかな、と。しかし、こうしてみるとやはりクランクブラザーズのペダルは軽量ですね。ん?ケージ付きでも10g位しか重くならない!これならどっちでもいいかな?!

但し、キャンディ1はケージがプラスチックなので、使用していくうちに削れていきそう・・・

上位モデルのCANDY3(キャンディー3)は345g。ケージが金属製になるので、頑丈で重くなります。

CANDY3。キャンディも1,2,3,7,11とたくさんのグレードがありまっす。

またプレミアムクリートを使用することで調整幅を広げることが出来ます。(さらに左右にQファクターを詰めることが可能)

ひざと股関節に驚きの効果 自転車用クリート crankbrothers プレミアムクリート
こんにちは。 ロングライダーのアッキーラです。 皆さんは、楽しい自転車生活を送ってますでしょうか。 crankbrothersの画期的なクリートシステム 自分の足とペダルとの一体感を高める秘密兵器 「crankbrothersのクリート位置を調整したい。」 「ペダル付属のクリートは、ペダルキャッチに優れるけど、踏み心地...

DIXNA(ディズナ)のSPDぺダル、ロードトリップ48ペダルとクロス48ペダル

Qファクターが狭いペダルといえばディズナ。ロード用でも48mmのQファクターのペダルを出していますね。SPD用ペダルもやはりありました。

ロードトリップ48ペダル片面SPDで240g(¥6,300) SPDペダルながらロード用のSPD-SLの様で少し踏み面が広い形状。

まるでSPD-SLペダルの様

クロス48ペダル両面キャッチできるペダルで283g(¥6,600)。こちらは普通のSPDペダルですね。しかも安価!

これでロード(PD-R9100)よりQファクターを狭めることが可能

まとめ:SPDぺダルでも軽量でSPD-SLと同様に、Qファクターが狭いものがある!

どれを選んでいいのかわからないSPDペダルでしたが、今回ピックアップした上記のものは良さそうです。

そして、重量が軽く、Qファクターも狭いものがあるということが分かりました。

SHIMANO RX8は spd-sl シューズ並みの、超軽量なSPDシューズ(265g)

例えば、ディズナの ロードトリップ48ペダル 240gシマノのシューズRX8(2020年モデル)265g(ソール剛性10)を合わせれば、合計505g

かっこよくて軽いRX8。いやこれ欲しいわ!

SPD-SLのPD-R9100(222g)にシマノのハイエンドシューズRC9(243g)を合わせた合計465gと、わずかに40gの差!片足20g、これは違い分からないでしょう!!

こう考察していくと、意外にSPDペダルを選択するのも悪くないですね!

(既存のRC7に相当するシューズXC7なら324g(ソール剛性9)

※RAPHA(ラファ)の Explore Shoes シューズ(300g)や Fizik Terra X5(282g) も軽い

RAPHA(ラファ) Explore Shoesも軽量なSPDシューズの一つで300g。剛性指数などは分からないのですが、カーボンソールなので固いでしょう。価格は ¥36,500。

Fizik Terra X5 は282g!BOAダイヤルもついていて良いですね!

カタログ重量282gですが実測は330g程度の噂w

FIZIKの一昔前のハイエンドSPDシューズ M1 UOMO で380gですから、ロードバイクでSPDシューズを選ぶ場合、漕いでる時の足回りの良さを重視するなら、最新設計の軽量SPDシューズを購入した方が良いでしょう。

カーボンソール&クリート無しで380g。カタログ重量は310g(笑)なんでやねん!

どうやら最近は、いかにもアウトドアっていう感じじゃないSPDシューズが増えているようです。SPD派のロードバイクが増えていると聞くのも、これなら納得。

ロードで快適に走れて、しかも歩きやすいとなれば、もっと自転車の楽しみ方が増えそうです^^

例えば、今のSPD-SLで日光の半月山に登っても、山頂まで行く気にはなれません。これが登れる!となればもっと面白いですよ。

なかなか良いクランクブラザーズのペダルはこちら↓

コメント

タイトルとURLをコピーしました