コロナ(COVID-19)対策にもなる!?ローラー台の効果を最大化するトレーニング方法「加圧トレーニング」と「低酸素トレーニング」

この記事は約4分で読めます。
スポンサーリンク

今回はローラー台のトレーニング効果を最大化してみようという記事です。

結論(?)から言うと、キツいのが嫌な私のような人は、コロナ(covid-19)対策のマスクを低酸素マスクに変えるだけでも高地トレーニングの効果があります!(そういやジョジョの第二部で見たことありますよね)

普段から低酸素マスク化でライフハック出来ます
スポンサーリンク

ローラー台で効率よく強くなる!ヘマトクリット値UPとパワーアップを短時間で行う方法

酸素供給能力を上げる!ヘマトクリット値を上げるトレーニング方法!

以前ヘマトクリット値について書いたことがあります。

ヘマトクリット値とは、血が体中に酸素を運ぶ能力のことです。会社員なら毎年受ける健康診断に載っています。

ロードレースで、ナイロ・キンタナ選手や、エガン・ベルナル選手がヒルクライムに強いのは、高地(標高2640メートル)であるコロンビア出身で、ヘマトクリット値が高いからでしょう!

マラソン選手なども試合前には高地トレーニングを行いますね。

アンデス山脈の中にあるコロンビアの首都ボゴタ

このヘマトクリット値で10の差があると、マジで全く勝負になりません・・・私は女子並みだったのですがヘム鉄を摂取して走ることで、人並みに回復した経緯があります。詳しくはこちら↓

ということで、上の記事中では、

  • ヘモグロビンを作るために、ヘム鉄を摂取する
  • 高地トレーニングのように、低酸素トレーニングをすることでヘマトクリット値を上げる 

の二つの方法を紹介しています。

つまり、ローラー台に取り組んでいる間(っていうか普段から)、ヘム鉄を摂取して、低酸素マスクをすれば、高地トレーニングの効果を得ることが出来ます

これでベルナル選手並みのヘマトクリット値を目指しましょう!

実走では危険!超キツイ加圧トレーニングで短時間で筋力UP!

さて、上記をローラー台で実施しても十分効果的なのですが、実走では危険な方法がもう一つあります。

それは「加圧トレーニング」。自転車だと、足の血流を加圧することで抑えて、成長ホルモンの分泌を促す、というやり方になります。

一昔前に、このバイシクルカーツという自転車用の加圧ウェアが発売されたときに話題になりました。

調べると出てくる、まさかの「厚生労働省」による説明(笑)↓

加圧トレーニング
加圧トレーニングは、専用のベルトを腕・脚の根元に巻いて血流を制限して行なう、レジスタンストレーニングのひとつの方法です。1回最大挙上重量の2-50%程度の低負荷を用いながら、大きな筋肥大・筋力増強効果が得られることから、近年大きな注目を浴びています。画期的なトレーニング法といえますが、当然利点もあれば欠点もあります。

また、ちゃんとした説明はこちら

https://kaatsu-wellness.com/about_kaatsutraning/

加圧トレーニングには毛細血管が拡張し、速筋と遅筋が同時に鍛えられる効果があります。

トレーニングのやり方としては、加圧状態で心拍数130程度の軽めの力で20分ほど回すだけで、もう足パンパン!そこから全力2分ぐらいでオールアウト

このトレーニング、キツ過ぎていきなり立てなくなったりするので、外の実走では厳禁!

ローラー台(3本ローラーを除く)なら安全ですね。

これに加えて、トレーニング後30分以内にアミノ酸を摂取することで、ダメージを受けた筋肉が修復されるので、合わせ技で効果大ですね。

但し、短時間高強度の加圧トレーニング(スプリント状態ですね)ばっかりやると、筋肥大して脂肪燃焼されないという罠があります(笑)

スプリンターを目指すならそれも良いでしょう!

まとめ:ヘマトクリット値が低い人は、コロナ対策のマスクを低酸素マスクに変えるだけでも普段からトレーニング可能!筋力UPしたい人は加圧トレーニングを!

どちらも明らかに効果のあるトレーニングなので、短時間で鍛えたい人には良いでしょう。

因みに僕は、ZWIFTの低強度のレースですでにキツ過ぎるのでどっちもやりたくないですwww

 

低酸素マスクは結構お手軽に買えます。マスク不足の時代ですし、普段からコロナ対策に装着するのも手。日常生活が良いトレーニングになりそう(笑)あとヘム鉄。

手軽な加圧ベルトと、DVD付きのベルト。結構高いですね。何故か加圧シャツはめっちゃ安いw

アミノ酸の定番はアミノバイタルゴールドですが、私はいつも安いアミノガッツを購入しています↓

ローラー台の時にも役に立つかも、スポーツドリンクの成分比較↓

全サイクリストの夢!家の電気を全てローラー台で発電できるのか?!を考察した記事

コメント

タイトルとURLをコピーしました