AZ(エーゼット)のチェーンクリーナーのインプレ

この記事は約4分で読めます。
スポンサーリンク

AZのチェーンクリーナー(昔からある青、と新しい緑)購入したのでインプレです。

ところで、チェーン洗浄って、油だけじゃなく、むしろ砂を落とすことが重要!試しにチェーンをねじってみて、ジャリジャリしてたら砂を噛んでいます。ドライブチェーンの寿命を縮める原因にもなるので、直ちに洗浄をおススメします!

スポンサーリンク

AZ(エーゼット) のチェーンクリーナー、チェーン洗浄器 DXのインプレ

11速になってヤワになったのか、ミッシングリンクが音鳴りの原因になったことがありました。よく見ると、ミッシングリンクがちょっと歪んでいたりします。

さて、10速の頃は再利用可能なミッシングリンクでチェーンを切って、ボトルに入れてパーツクリーナーでシェイクという洗浄でバッチリだったのですが、11速チェーンの場合、ミッシングリンクの再利用はほどほどにしておいたほうが良さそう。ということで便利なのがチェーンクリーナーというわけです。

青色の、AZ(エーゼット) チェーンクリーニングキット(チェーン洗浄器) KD052 はイマイチおすすめできない

当初青色のチェーンクリーナーを買って使っていたのですが、どうも汚れの落ちが悪い気がします。

純正のチェーンディグリーザーもセットして洗浄していたのですが、内部汚れまではイマイチ落としきれてない感じ。ちゃんと洗いたいときは、チェーンを切ってディグリーザーに漬け込みたくなります。

最終的にこのクリーナーは、耐久性が無く取っ手の部分が壊れてしまいました・・・

緑色の、AZ(エーゼット) 自転車用 チェーン洗浄器DX KD060はおススメ

ということで買い直した緑色のデラックスバージョン。これは青色よりもはるかに良い出来です。(パークツールのとかを使ったことは無いですけど(^^;)

明らかにチェーン内部の汚れ落ちが青色より良いです

純正のディグリーザーを使用しても良いですが、この緑色バージョンは、ディグリーザーの使用量が青色よりも多くなるので、中性洗剤×水で洗ってしまうのも手です。結局落としたいのは泥と砂ですから。

こにだのママチャリのチェーン洗浄にバッチリ使いました! 汚れが超浮き出てきます!

もちろん、次の写真の様にブラシでゴシゴシするより楽に落ちていきます。

汚れを落としたら、十分に水洗いして、水置換性のあるオイルを差しておけばOK!私は同じAZの水置換性のあるオイル「CKM-001」の1リットル入りを購入して、小さなオイラーに詰め替えて使っています。ママチャリからロードバイクまで、全てこの方法で出来てとっても便利!

これまでCKMの下位互換バージョンの、KM-001を4本くらい買いましたが、やはりCKM-001の方が良いですね。(ワイヤーの滑りを良くしたり、錆止め&錆び落とし効果もあるので使い勝手が良いです。プーリーのベアリングに差したり)

よく使うケミカルなので、1リットル入りで買えば、割安になるのでお得に使えます。

まとめ:AZのチェーンクリーナーは緑色を買おう!そしてチェーンオイルにCKM-001を使うとめんどくさくない!

AZの緑色のチェーンクリーナーは便利なので、こういうアイテムを持っていない人にはおススメ出来ます。しかも比較的安価。

注意点は、チェーンから水やディグリーザーが抜けないままで、オイルを差すとなんか焦げ臭くなります。ということで、しっかり水洗いして、水置換性のあるCKM-001を差すのがポイントです。

因みにチェーンの注油は、1コマ1コマ、丁寧に行って下さいね!チェーンのプレートの隙間に入るように意識して、チエーンを縦に切るように注油。そうして一周注油すればOKです。

今回おススメのアイテム集です。ディグリーザーはチェーンクリーナーに移し替えるだけなので詰め替え用でOK。新しいチェーンオイルを使うときは、ディグリーザーでしっかりオイルも落としましょう。

砂汚れを落とすだけで水と中性洗剤を使うなら、ディグリーザー無しで行けます!

コメント

タイトルとURLをコピーしました