FELT(フェルト) FR 2020年度モデルについて

この記事は約3分で読めます。
スポンサーリンク

続々と発表されつつある2020年モデルのロードバイク。その中で私の乗っているFELTのFR1がなくなっているようなので調べてみると衝撃の事実を発見!FR1やFR3でしか使われていなかった  TeXtremeカーボン が 2020年度からはエントリーグレードまで 使われている様子!!

スポンサーリンク

FELT(フェルト)FR ADVANCED 2020年モデルは超お買い得!?

さて、どうやら  TeXtremeカーボン の対象になるのは FR ADVANCEDというDISC専用フレームのようです。旧来のリムブレーキのFRは素材据え置き。FR5が TeXtremeカーボン になっていたら超超お買い得だったのですが・・・

FR ADVANCEDとは?

DISC化してさらに完成度が高まったFRシリーズということです。これまでのラインナップにあった FR2 DISC の乗車インプレは概ね好評でしたので、さらにブラッシュアップされているとすると、全く問題ないDISCフレームになっていると考えられます。

↓当時のインプレはこちら

【2018 NEWプロダクツVOL.7】FELT FR2 DISC【ファンライド】
FRシリーズはレースバイクシリーズとして発売されていたFシリーズのDNAを引き継ぐレースバイクだ。Fシリーズと異なるのはヘッドチューブを4%伸ばし、5%のもの軽量化に成功。ラインナップはフレーム販売の…

スペック表を見るとフレームが920g フォークが440g。リムブレーキのFR1が フレーム900g、フォーク300g(グレードがultimateとFRD同じもの)なので、ほんの少し重量化。105完成車で288,000円、フレームセットで248,000円と以前の FR1 DISC フレームセット 288,000円より安くなっています。

ULTEGRAモデルならカーボンホイールがアセンブルされているのでホイールの買い替えも不要ですね。

FELT FRのリムブレーキ版は??

さて、リムブレーキ版のカーボンフレームが欲しい場合、FR1、FR2,FR3がライトウェイのホームページに載っていないのでディスコンかもしれません。そうなると、エントリーのFR5か最高グレードのFRDしか選択肢がなくなりました。

流石にFRDは高くて買えない。。。ので一般的にはFR5になると思います。

FR5のカラーリング、とてもカッコいいと思うので、やはりいいですね。

選手によるインプレッションでは、疲労感を残さずにロングライドを走るにはこちらのほうが良さそうです。

Attention Required! | Cloudflare

私の試乗した感じも同様で、FR1ほどのシャキシャキ感はないですが、一方でFR1より疲れなさそうな優しさ?を感じました。試乗したときは完成車付属のホイールだったと思うのですが、柔らかめのフレームにアルミのカッチリしたホイールをつけると、シャキッと感と振動吸収性のバランスが気持ちが良くなることが多いので、FR5にレーシングゼロとか試してみたいですね。


↓FR3 DISCが一番気に入ったというブログ

『フェルトFRシリーズ!』
トゥットゥルー まいど~アカネです~まゆしぃ派かクリスちゃん派かどっちつかずな僕を許してください。 さて、今日はこないだのFELTの展示会でのお話しそして主に…

DISC化するなら重くなりやすい足回りを軽量化できるKCNCのディスクローター 140mmで62gです。160mmでも73gと軽量! KCNCの超軽量シートポストとシートポストの高さ記憶用のパーツ。

あとリアキャリア取り付け用のダボ穴付きシートポストクランプ←なぜか目についたので貼ってみる^^

コメント

タイトルとURLをコピーしました