超エアロなハンドル!幅を狭めてエアロ効果を得るためのハンドルの選び方

この記事は約5分で読めます。
スポンサーリンク

さて前回の記事でハンドル幅を狭めることでエアロ化が図れるということを書きました。

ハンドルの選択肢として、もちろんエアロハンドルもありますが、写真のような超高価なエアロハンドル(写真のVISION METRON 6D は7万円するハンドル(^^;))の空気抵抗削減は40キロで走った時に3W程度。それならば、ハンドル幅を狭めるという選択肢の方が大いに効果ありです。

実はツールドフランスのようなグランツールでも、エアロ効果の為に幅の狭いハンドルを使っている選手がいます。

アダムハンセン選手曰く「もっと380mmのラインナップが増えて、もっと幅の狭いハンドルが増えてほしい。すべては1ワットでも無駄にしないためなんだ。 アンドレ・グライペルに初めて会った当時、彼は440mm幅を使っていたけど、今は400mm幅を使って結果を出している。」

シクロワイアードのアダムハンセン選手のインタビューより

アダムハンセン選手は身長186mmなのに幅の狭い380mmのハンドルを使っているということ。 つまり、身長170cmくらいの我々は340mや360mmのハンドルとか使っても全く問題ないはず!

仮に今使っている400mmのハンドルが340mmになるということは、横幅が85%になります。前回ハンドルを2センチ狭めると、7W程度削減できると見込みました。ということは、この340mmへのハンドル交換は40キロで20Wくらいの削減になるでしょう。

ということで幅の狭いハンドルをピックアップしてみました。

スポンサーリンク

エアロ効果の高い幅の狭いロードバイク用ハンドル!7選!

3T ERGONOVA PRO 380mm  265g(PRO) 195g(TEAM)

定番のコンパクトハンドル、3Tのエルゴノヴァは、サイズ表記よりもブラケット部が16ミリ狭く、例えば380mmのハンドルのブラケット部は364mmになります。なのでブラケットエアロポジションに有利。そして楕円型のハンドルバーが手にフィットします。試しに交換するならERGONOVAの380mmは悪く無い選択です。カーボンの team とアルミの pro が選べます。

ドロップ123mm、リーチ77mm。

DIXNA(ディズナ)J-FITモア(ジェイフィットモア) 360mm 265g

手の小さい人に愛用者の多いディズナになら、360mmのハンドルがあります。ここまでは定番商品ですので導入も容易ですね。

ドロップ115mm 、リーチ75mm

MODOLO(モドロ) VENUS(ビーナス) 360mm、340mm 

手の小さい人の定番のハンドル。ドロップ131mm、リーチ89mm。

幅の狭いハンドルの中では、ドロップが深く最も前傾姿勢が取りやすい。

ハンドルクランプ部が26.0mmと細いので、ハンドル自体も実にエアロ(笑)

但し、通常のクランプ径31.8mmmステムに取り付けるにはシムが必要。→ここでカーボンシムを選ぶと振動吸収性がアップして良い感じになります^^ このハンドルは私も試してみましたがドロップも大きく結構おススメです。

何気に用意されているクランプ部26mmのモドロのステム

ブリジストン 子供用ロード R1J のハンドル 340mm

ブリジストンが出している子供用ロード「R1J」には、なんと340mm幅のハンドルがついています。

これを取り寄せれば340mm幅のハンドルが実現します!!

私はこの子供用の340mmのハンドルが最小と思っていましたが、この世にはまだまだ狭いハンドルがありました!

ディズナ ジェイフィットエバーFZナロウ 340mm

なんとディズナから340ミリのハンドルが出ていました。しかもFZ(フィットゾーン)仕様です!STIの内側に指がフィットしやすい加工がされてあります。

ディズナ ジェイフィットエバーFZナロウ ブラック 31.8mm ドロップハンドル 340mm

素材は6061ダブルバテッドで ドロップ125mm、リーチ80mm 285g

このハンドルは、欧州でのロードレース現場からのリクエストで製品化されたということです。つまり、このディズナのハンドルが最も実戦仕様。やはりアダムハンセンの影響は大きいのでしょう!

BENEFIT(ベネフィット)アルミスモールハンドルバー 320mm  265g

なんと320mmのハンドルがありました。ベネフィット製なのでワイズロードに置いてありそうですね。バークランプ径は31.8mm。

ドロップ100mm  リーチ 65mm とかなりコンパクトになります。

SATORI(サトリ) Frimary コンパクト 320mm  220g

ベネフィットよりも軽量の220g!しかもバークランプ径31.8mmと驚愕のハンドルです。なんとなくですがこのSATORIというのはGIZA(ギザ)の製造元のような気がします。(同じような製品をGIZAから出しています)

ドロップ94mm リーチ68mm

amazon にあるので、幅狭ハンドルのエアロ効果を試すにはちょうど良いでしょう。

Riderz Cafe(ライダーズカフェ) FUN ベイビービー ブルホーンハンドル 300mm

驚きの300mmのハンドル幅!但し、さすがにドロップハンドルでは見つけられず、これはブルホーンバーになります。日東が昔ピスト用に300mmを出していたようですが既に廃盤になっていたので、恐らくこれが最も狭いハンドルになるでしょう。

これにDHバーを装着すると超エアロ間違いなしですね。

まとめ:まともなドロップハンドルで320mmの幅のハンドルがある!

ということで、エアロハンドルよりもエアロ化するための幅の狭いハンドルでした。平坦は問題なく超エアロ化しますが、実は坂を登りにくくなるという弱点があります(笑)ハンドルに手を添えるだけで登れるような坂は問題ないですけどダンシングしながらの激坂はちょっと辛いです。アダムハンセン選手のように慣れれば問題なく使いこなせるのかもしれませんね。

また、最近のエアロバイク&エアロホイールなら、ダンシングより、キレイに回す方が登りやすいので、ハンドル幅が狭くてもデメリットが少ないでしょう!

今回調べた中では、一番のおススメはやはり新発売のディズナ ジェイフィットエバーFZナロウ 340mmです!あと、モドロの340mmは細くて剛性もシッカリしているのでおススメです。

 

Wiggle で3Tの ergonovaハンドルが最大80%OFFでお買い得!

コメント

タイトルとURLをコピーしました