MAVIC XA MATRYX(マビックXAマトリックス) シューズのインプレ 最新型の歩きやすいSPDシューズ! ※fizik、simano、mavicのインソールの比較

この記事は約6分で読めます。
スポンサーリンク

前回、フラットペダルの考察の中で興味を持って試してみたくなったMAVICの新ソール。折角なのでアッパーに新素材を採用した XA MATRYX(XAマトリックス) シューズを購入してみたのでインプレです。

スポンサーリンク

MAVIC(マビック)のMTB用シューズ、XA MATRYX (XAマトリックス)シューズのインプレ

MAVICのMTB用のシューズである XA MATRYX シューズ。同じ仲間として、XA ELITE 2、XA PRO シューズなどがあります。

MAVIC XA MATRYX (と XA PRO)シューズの特徴

XAシリーズの特徴ですが、

  • シューレースがケプラー繊維の紐締め
  • ソールのパワー伝達指数が60
  • 歩く方向にしなるシューズ
  • 従来のシューズよりグリップの良いソールパターン採用
  • MATRYX素材を採用。耐擦傷性、透湿性、サポート力に優れる

となります。これが XA PRO だとケプラー繊維からBOAダイヤルになり、MATRYX素材が使われないモデルになります。

XA MATRYX シューズ
BOAダイヤル採用の XA PROシューズ

MAVIC XA MATRYX シューズを履いて歩いてみる

ひとまず歩き回ってみたところ、これまでのSPDシューズ(私の使っているソール剛性の高い FIZIK M1UOMO)よりも、全然余裕で歩きやすいです!グリップも最高!はっきり言って、ヘタなスニーカーより優れています。歩行能力は、ほとんど登山靴といって良いでしょう。

これまでのSPDシューズでは滑ってしまう、こういうところも滑らずに余裕で歩けそうです!

どうやらサロモンの登山靴の技術でソールを作っているようです。

MAVIC XA MATRYX シューズのサイズ感

私はシマノのSPD-SLで39.5を履いているので、MAVICで同じサイズに相当する39 1/3 を注文しました(共に足のサイズは248m用)。付属のインソールを使うならこれでOKです。

SHIMANOのRC9と並べてみる

シマノ(ノーマル幅)とインソールを重ねてみると、ほぼ同じサイズ。

インソールの出来については、シマノの方が良いです。正直いって差し替えたい。

MAVICはハイエンド(ぜリウムアルティメット)でもどうしようもないインソールがついています(^^;

※その後歩き回った結果、ワンサイズ上げたほうが良さそう。これは spd-sl と異なり、積極的に歩くからですね。下のFIZIKと同じサイズ(40)でOKでした。

おまけ:MAVIC(マビック)、SHIMANO(シマノ)、FIZIK(フィジーク)の標準インソールの比較

同じサイズなので、重ねてもほぼ形状は一緒。※FIZIKのみ250mm、シマノとマビックは248mm。

ただ、出来が全然違います!最も凄いのはFIZIKのインソール。インソール専業メーカーのSIDASとの開発だけあります。左から順にMAVIC,SHIMANO,FIZIKです。

一番右のFIZIKのインソールはサポート感が素晴らしい!シマノも土踏まずのアーチを支えてくれるので好印象です。

FIZIKのインソールは最高!シマノも及第点です。MAVICは・・・残念ながら全然ダメです。気にならない人はいいですけど、私はせめてシマノのインソールに買えたいですね。

※ショックドクターも持っていますが、ロープロファイル仕様でも、少し厚みがあるので、シューズの方を1サイズ上げないといけなくなります。逆に大きすぎるシューズを買ってしまった人には、ショックドクターなどのインソールはおススメ出来ます。

XA matryx はクリート無しでもOK!フラットペダルに合わせて使ってみた

MAVIC XA MATRYX シューズは、SPDクリートをふさぐプレートが付いていて、クリート無しで使うことが出来ます。

フラットなシューズとして使ってもヨシ!

まずはフラットペダルで使ってみたところ、全く問題なし!サンダルやスニーカーから履き替えれば感動します!まず、ソールの剛性感が良いです。ペダル回すの失敗して足の甲なんかに当たっても、MATRYX素材のアッパーのおかげで、全く痛くないです(笑)また、ペダルとのグリップもメチャクチャ良いので、滑りません。

MKSのBM7NEXTペタルとはマジでベストマッチでした!

BOAダイヤルではない、シューレースの使い勝手も良い

BOAダイヤル付きの XA PRO にしようか迷ったのですか、こういう使い方ではBOAダイヤルの必要性は全くなし。シューレースも引っ張るだけで締まる仕様なので、履くのは全く面倒では無いし、BOAダイヤルがアッパーに無いのもなんかイイ

余った紐は、靴のベロの中のポケットに入ります

唯一、脱ぐときはシューレースを緩める必要があるので、ワンタッチで脱げるBOAダイヤルより、ちょっとだけ時間がかかります。

MAVIC XA シューズはSPDクリートをつけてもGOOD!

クリートをつけてペダルを漕いでも全く違和感なし。ペダルと靴の距離が近く感じられます。ソール剛性も十分です。

といいますか、本当にサロモンのこの靴↓↓をSPD化した感じですwww なんせ「コンタグリップ」×「MATRYX素材」×「シューレース」と全く使っている技術が同じです。

OUT GORE-TEX / PRO ハイテク感満載のオールラウンダーローカットシューズ
2017年に登場し、そのシャープなシルエットに詰め込まれた機能性と機動力の高さから人気モデルとなった「OUTpath GORE-TEX」。この「OUTpath GORE-TEX」が更なる進化を遂げ、今期NEWモデルとして登場した「OUT GORE-TEX / PRO」を紹介します。 -salomon公式|salomon...

MAVICの グラベル用シューズなら ALL ROAD PRO SHOES(オールロード プロ シューズ)がある

MAVICでグラベルシューズなら、ALL ROAD PRO SHOES(オールロード プロ シューズ)はMTBの要素を取り入れたロードバイク用のソールを採用しています。(パワー伝達指数:80)

Mavic - オールロード プロ シューズ - フロント
Mavic - オールロード プロ シューズ - 概

こちらも軽量で魅力的なシューズですが、恐らくXAシリーズの方が歩きやすさという点では上でしょう。一方で走行メインで歩行はサブぐらいなら、こちらのシューズの方が良いでしょう!

まとめ:MAVIC の XA MATRYX シューズは、まるで軽登山靴のような軽量シューズ

私は登山の趣味もあるのですが、この XA MATRYX シューズはまるで軽登山靴のようです。このシューズなら2000m位の山なら登れそう。できればどうしようもないインソールだけシマノに変えたいですね。

MAVICの公式画像より。マジでこういうところも安心!

岩場でも滑らず(床がヌルヌルのラーメン屋さんでも大丈夫です^^)、軽量なので、ガチの登山でなくても、フラットペダル×散策っていう用途には、とても歩きやすい良く出来たシューズです!かなりおススメ。

 

 定価25000円位のシューズですが、amazonで超安くなっています↓ボアダイヤル派なら XA PRO をどうぞ。BOAもMATRYXも要らない人は XA ELITE2 が安いです。

 

シマノのアーチサポートのあるインソール。サポートの高さを選べます。あとシダスのバイクプラスとショックドクター。ショックドクターはMAVICに入れるには幅が少し大きめです。割と安いのでシマノがおススメ。

今の価格だと最近のタイヤ一本より安いです(^^;

コメント

タイトルとURLをコピーしました