ママチャリのパンク修理に!SHINKO(シンコー) DEMING iTUBE (アイチューブ)でチューブ交換が簡単すぎた件

この記事は約3分で読めます。
スポンサーリンク

普段、ロードバイクやクロスバイクのパンク修理をしていても、ママチャリのチューブ交換は億劫なもの。だってハブナットから外してやらなきゃならないし、リアホイールに至っては、スタンドやブレーキワイヤーが邪魔だし、外装三段がついていたらなにかと余計にめんどくさい。それが超簡単になるシンコーのチューブの紹介です

リアホイールを外すのが結構面倒な一般の自転車
スポンサーリンク

ママチャリのチューブ交換が超簡単に出来るやり方!SHINKO(シンコー) DEMING iTUBE (アイチューブ)は超おすすめチューブ。

自転車のチューブ交換で、ホイールを外さなくていい、シンコー DEMING アイチューブ。棒状のチューブを嵌めて、接続するという画期的な発明品です。

ママチャリのチューブ交換を DEMING アイチューブでやってみた

とにかくパッケージを見てみましょう↓ 構造が一目瞭然ですね。これならホイールを外さずチューブ交換が出来ます

ママチャリのリアのチューブ交換となると、ちょっと時間のある時じゃないとやりたくないのですが、このチューブならロードバイクのチューブ交換ぐらいの時間で出来てしまいました

ITUBE の説明書はこんな感じ

作業手順ですが、

1,タイヤを、タイヤレバーで外して、中のチューブを引っ張り出す。

※やっぱりママチャリでもカンパニョーロのタイヤレバーが使いやすい!

丁寧な説明書

2,パンクしているチューブを切断して、取り外す。

3,代わりにこのチューブを嵌めて、しっかり接続。

4,タイヤを嵌めて、チューブの嚙み込みが無いか確認して、空気を入れればOK!

とっても簡単です。

※簡単すぎて作業中の写真を撮っていませんでした(^^;

リアの変速とかスタンドとか外さなくていいのは時間短縮になります

このチューブで気になったのは、回転方向で嵌める向きがあるので、それだけ要注意ですね。

継ぎ目があることでの乗り心地の違いはどうか??

とはいえ、チューブに継ぎ目があるなんて、そこでゴツゴツしたりするんじゃないの??と心配していましたが、修理を終えて乗ってみると、乗り心地は全く持ってフツー。何も言われなければ気づかない、というレベルではなく、フツーのチューブと特に変わらない。

画像はイメージです(笑)

商品レビューでは乗り心地が悪く、ゴトゴトすると多くの人が書いています。それは恐らく空気圧が低いのが原因かと。

ポイントとしては、施工時にチューブの端と端をきっちりくっつけること、それからしっかり空気圧を保つこと、だと思います。

まとめ:SHINKO(シンコー) DEMING iTUBE (アイチューブ)はリピート確定

自分としては品質にも満足ですし、リアホイールを外す時間考えたら安いもんです。ということでリピート確定。

これまでの普通のママチャリ用チューブは前輪用か、時間のある時に使おうかな

ということで、チューブ交換におススメできる ITUBE ↓

コメント

タイトルとURLをコピーしました