大原~御宿の海岸線サイクリングはもの凄い断崖絶壁や秘境があるコース!

この記事は約4分で読めます。
スポンサーリンク

皆さん、千葉の海岸線サイクリングといえば、どこを想像しますでしょうか??

やっぱり利根川サイクリングロードからの銚子?

それともBBBASEで鴨川?

インスタ映えで有名な江川海岸も候補の一つでしょう。

しかし、御宿の海の青さも素晴らしく美しいものがあります。

今回は御宿を紹介していきます。

スポンサーリンク

房総半島いすみ市大原~御宿町サイクリング!岩船神社や釣師海岸、小浦海岸、大波月などのみどころが沢山!

いすみ市大原から御宿町へ至る海岸線。ここをロードバイクで走る人は多くはないでしょう。

しかし、ここには本当に蒼い海と珍しい断崖絶壁、海女さんがいる漁場、など一風変わったライドが楽しめるスポットになっています。

御宿のメキシコ塔からの眺めはまるで紅の豚の世界みたい!

最も感動したのは、御宿にある「メキシコ塔」からの眺め。

海の蒼さがヤバイ!小さな港と相まって紅の豚の世界のようです。

ここに登るにはちょっとした激坂が待ち構えていますが、登った人にだけ味わえる光景が広がっています。

御宿の町は南から風が入るので、風も涼しく気持ちの良いスポット。思わず長居したくなります。

御宿の白い砂浜と透明感のある海

御宿の町にある御宿海岸。ここは白い砂浜で、シーズン中は水着のギャルが大勢やってきます。

こんな田舎のローカル駅にかわいい女の子が沢山いるのでビックリしますよ(笑)

それはさておき、砂浜にラクダのオブジェが。なんともシュールです。

御宿漁港の勝浦側には磯が広がっています。ここも水がきれい!透明感がヤバイです。

子供が磯遊びをしていました。色々な海の生き物が採れそうですね。

御宿からドンロドリゴ上陸地点の手前くらいにある大波月

御宿からメキシコ塔を登っておりて少し北上したところ、右手に草地のような駐車場があります。

ここから草むらの中を200mくらいあるくと絶景ポイントの大波月があります。

ロード用のSPD-SLシューズだと歩いていくのは困難だと思いますので、是非SPDシューズかスニーカーで挑んでみてください!もしくはグラベルバイクでシングルトラックを300mくらい走ればOKです(笑)

こんなとんでもない地層を見ることが出来ます!

銚子の屏風ヶ浦よりスゴイ!?いすみの釣師海岸!

海岸線を大原側に向かうと、断崖絶壁の釣師海岸があります。

こんなところ千葉にあるの!?って感じのダイナミックな景観。北海道の知床半島みたい

実はこの浜に降りる方法がいくつかあってこの展望台のすぐそばには梯子がかけられていました。(ほかにも洞窟で降りる方法もあるらしい(^^;))

メチャクチャ興味をそそられる場所ですね。空撮だとこんな感じ。とんでもない秘境があったものです!

日本三大岩船。いすみ市の岩船

利根川サイクリングロードを走る栃木ローディはご存じと思いますが、太平山の近くに岩船という地名があります。アニメ「秒速五センチメートル」の聖地のひとつですね。

で、その岩船という地名がいすみ市にもあって、神々が乗ってきた船が座礁してそれが岩の船になったのが地名の由来だとか。ノアの箱舟みたいな話ですね。

普通の集落のようですが、素敵な宿泊施設がいくつかあって、この岩船で一泊というのも素敵なプランになります。

例えばコースタルキャビンさんなんか一度訪れましたが、まさにオーシャンビューの宿。

護岸に守られている岩がありました。もしやこれが岩船??

それとも かなり波で削られてしまっている こちらでしょうか?

そして江川海岸も真っ青なダイナミックな景観

いすみ市の海女さんがいる海岸線

大原には海女さんが30人ほどいて、イセエビや鮑を採って生活しているそうです。30人以上に増やさないのは乱獲を防ぐためと聞きました。もし、運が良ければ会えるかもしれません。

こんな不思議な道もあります

場所はこちら

 

小浦海岸への隧道

ドンロドリゴの碑の近くから歩いて入れる小浦海岸。ここには化け物級の隧道が鎮座しています。

千と千尋の神隠しのトンネルのような、オドロオドロしい見た目。なんと左右に分岐があります。奥まで行くとどうなるのかは不明です(^^;

めっちゃ怖いです^^

御宿駅~大原のモデルルート

海岸線ということで意外に標高差がありますので、距離は短いながらも初心者には走りごたえがあるコースと思います。

また、日曜には大原漁港の朝市がやっていますので、美味しい海の幸をランチにするのも良いでしょう。(朝市ですので11時ごろまでに行きましょう。また、風の強い日は開催していないことがあります。)

このあたり国道を抜けてしまうサイクリストが多いのですが、とても勿体ないです。時間をかけて景色を見ながら回ることをお勧めします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました