外房の海と山を堪能するサイクリングコース(いすみ・勝浦・大多喜)

この記事は約7分で読めます。
スポンサーリンク

初回でも楽しめる、海と山を楽しめるサイクリングコースです。最近の、自分のお気に入りコースでもあります。※グラベルではありません(^^;

スポンサーリンク

外房の海と山を堪能するサイクリングコース(いすみ・勝浦・大多喜)

概要としては、いすみをスタートして海岸線沿いを走り、勝浦の海を楽しみ、麻綿原高原へのヒルクライム、大多喜の山の中の車の来ないローカルな道を繋いで帰ってくるという、快速平坦路から短めのヒルクライムを何本か楽しめるルートです。

いすみ市大原駅発、もしくは勝浦駅発!海と山を周遊するサイクリングルート!

スタート地点はいすみ市大原駅にしていますが、BBBASE利用なら勝浦駅も良いでしょう。

今回のコース図はこちら、総距離87km・獲得標高は1342mになります。

いすみ市大原駅をスタートしたとして、コース案内をします。

大原駅をスタートしたらコースは三択!絶景の釣が崎海岸や、のどかな田舎道もある

まずは駅前のセブンイレブンで必要物資を買っておきましょう。そしたら、

  • ルート通り国道を外れた車の来ない、のどかな道を走る
  • 国道を快速に飛ばす!
  • 脚力がある人なら海岸沿いのアップダウンのある道を楽しみに行く

の三択です。もちろん、どのコースも楽しむことが出来ます。

海岸沿いを行くと見れる釣り師海岸の絶景

因みに、海岸沿いを走るなら岩船不動尊と、釣り師海岸、メキシコ塔は絶景ポイントなので立ち寄ることをお薦めします。このオプションルートの詳細はこちらです↓

御宿から勝浦までの楽しみ方、部原海岸と勝浦マルシェはおすすめのスポット!

御宿-勝浦間のハイライトは部原海岸!

部原海岸の景色、午前中は海が輝いて見えます

サーフィンのメッカである部原海岸。素晴らしい海の光景が広がります。この横を自転車で走るのは爽快な気分!しかし、よそ見運転には十分注意してください!

その後、部原の交差点からも3択です

  • 勝浦市内に寄らずバイパスを抜けて先を急ぐ道
  • 勝浦へ普通にアクセスする道
  • ルート通り川津港の方へ進みながら勝浦を目指す道

勝浦の朝市を楽しむなら、お勧めは漁村を抜けて勝浦の朝市にアクセスできるルート通りの道です。特に第2日曜は勝浦マルシェといって、普段の朝市より出店が多く、楽しい朝市になるのでぜひ立ち寄りましょう。

勝浦マルシェの様子 出店も多く、とても賑わいます

逆に、水曜日は朝市がやっていないので、オススメはバイパスを抜けて先へ進み、この先の絶景ポイントをゆっくり楽しむことです。

バイパスを抜ける道はこの海の見える下り坂が最高です!

ちなみに、川津漁港方面の詳しい案内はこちら

勝浦から鴨川の天津神明宮まで

勝浦から鴨川までは、コース中でも最高に青い海が楽しめる快適サイクリングコース!ここはルート通り尾名浦(メガネ岩)を通り、鵜原の海、興津の海を堪能していくことをお薦めします。

青い海が美しい鵜原海岸

メガネ岩は車を停めるスペースが無いのですが、ロードなら止めて散策することが出来ます。

磯の景観が素晴らしい尾名浦周辺、メガネ岩も必見です

鵜原理想郷や鵜原漁港あたりの海も青さがヤバいです。美しい青い海がみたいなら、鵜原漁港に立ち寄ることをおススメします。

鵜原漁港

のんびり散策すればこのようなトンネルが見つかったりするので、何回か訪れる価値がある場所だと思います。

興津の海、マジでヤバイ青さ

鵜原の海沿いの道、それから興津の海、どちらものんびりしたくなる砂浜が広がっています。また興津海浜公園にはお手洗いがあります。勝浦マルシェでおにぎりや食べ物を買っておいて、この辺りで食べるのも良いですね。

よりディープに楽しみたい方はこちらの記事をご覧ください

また誕生時の裏に出る旧道(おせんころがしが見えるルート)は、この辺りで最高の道の一つですので、必ずコース通り旧道を走ることをお薦めします。

麻綿原高原へのヒルクライム!天津神明宮から登るか、小湊から内浦山県民の森を登るか?

さて、小湊についたらおススメのランチスポット「なかむら」があります。美味しい海鮮丼がいただける人気の店。見つけづらい場所にありますが、立ち寄る価値があります。

小湊駅近くにある「なかむら」の海鮮丼

そしてここからのヒルクライムルートは二択。

  • 天津神明宮から林道天津線を登る(勾配がきつい)
  • 小湊から内浦山県民の森を登る(少し緩め)

クライマーへのおすすめは神明宮から林道天津線です。しかし、パワーセーブして楽しみたいなら内浦山県民の森も良いでしょう。因みに内浦山県民の森からは、勝浦ダムへのショートカットルートがあるので安心です。脚力に自信が無い方は小湊から内浦山県民の森を登りましょう。

林道天津線で見られるシダの群生

最高地点の麻綿原高原の展望は、海が見渡せる絶景ポイントになっています。

麻綿原高原からは太平洋が望めます

麻綿原高原からは車の来ないローカルルートを行きます。

大多喜の山の中、名もなき峠を越えていくヒルクライムコース

ここから、まずは麻綿原から面白いワインディングの下り道。

狭いワインディングなので飛ばし過ぎないように注意!

そして、コース上では、会所のもみの木庵から勝浦ダムへ抜ける大回りをしていますが、ここは立ち寄らなければショートカット出来ます。このルートは、超ローカル林道が好きな方であれば立ち寄ってみて下さい。(入り口が分かりにくいので要注意です。もみの木庵のすぐ向かいにあります)

勝浦ダムへの大回りルートは、私は好きな道ですが、本当に何にもないところです(笑)

この先、大きな峠はありませんが適度なアップダウンを楽しめる道になります。

こんな山道や、里山の中を抜けて行きます

鯉のぼりのシーズンなら、いすみ鉄道総元駅の黒原不動滝に立ち寄るのも良いでしょう。

黒原不動滝、ここに鯉のぼりが掛かります

大多喜道の駅からいすみ市大原まで

総元駅を過ぎると、国道に出て大多喜道の駅で休憩出来ます(道の駅のソフトクリームは美味しいです^^)。この先は再び林道と里山を抜けて大原駅まで向かいます。

名もなき林道を抜けて行く道

いすみの平野部は、水田の季節は本当に最高です。

ということで、のんびり走っているといすみの大原駅に到着です。

最後バテてしまったときは、いすみ鉄道で輪行して帰ることも出来ます

まとめ:今回のコースは海あり山あり里山ありで走りごたえのあるコース

さて、今回のコースは途中で立ち寄ると面白いスポットがいくつもあるので、一回だけではなく、アレンジしながら何回か走っても楽しめるコースになっています。

麻綿原高原から下ったあと、滝見仙人小屋のルートを走っても良いですし、下り先を老川交差点へ抜けて上総中野に出ても楽しめます。

また海沿いの道は、満潮時と干潮時で風景がガラリと変わるのも面白いポイント

干潮時の小湊の海、遠くまで磯が広がります!

他にも適当な海に立ち寄ってみても、意外な発見があって面白いでしょう。

天津の海
漁師さんがちょうど水揚げ中だった大きなアワビ
走るのが怖い・・・海沿いの道

ということで、是非何度か走ってもらいたい、外房のサイクリングコースの紹介でした!

 

山の中ではお店などが無いので、一応備えをしておきましょう↓

このコースを走っていただけた♧yu.ko.さんによるブログ「ミニベロ迷走記」の記事はこちら↓

千葉方面から自走で来るライダーへのオススメルートはこちら

その他のサイクリングコース 千葉最古の銭湯に入るライド

いすみ鉄道を活用してみる編

あえて海を走らず、勝浦の林道巡りを楽しむコース

コメント

タイトルとURLをコピーしました