FIZIK(フィジーク)ALIANTE(アリアンテ)のインプレ。サドルをARIONE(アリオネ)からALIANTEに交換しました。

この記事は約4分で読めます。
スポンサーリンク

fizikにはアリオネ、アンタレス、アリアンテといったサドルがあります。

アリオネが定番とされていますが、アリアンテも相当良いサドルですのでインプレします。

スポンサーリンク

FIZIK(フィジーク)のサドル。ALIANTE(アリアンテ)R3カーボンのインプレ

FIZIKのスパインコンセプトというフィッティングだと、アリアンテは体の堅い人向きとされています

前屈した時に指がつま先に届くようであればアリアンテは除外されてしまうので、アリアンテを選択肢から外してしまっている方も多いのではないでしょうか。

しかしながら、友人のバイクに乗せてもらった時ついていたアリアンテの乗り心地に衝撃!!自分でも即座に購入し、乗り込んだ結果、アリアンテの方がアリオネより良い!という結論の達したのでインプレしようと思います。

ARIONE(アリオネ)と比較するとALIANTE(アリアンテ)の方がお尻が痛くない

アリアンテが優れているポイントの一つとしては、アリオネよりアリアンテの方がお尻が痛くなりづらいという点が挙げられます。

ラウンド型のサドルなので、体重が分散して包み込まれるような感覚。サドルの表面も柔らかめのようです。乗るポイントがアリオネより狭めですが、その分安定感も衝撃吸収力も上です。そしてピンポイントでしか乗れないわけではなく、腰を後ろに引きたいときは、若干の後ろ乗りも許容されます。

サイドにあるプラスチック部品もGOOD!バイクを立てかけるときにサドルが汚れません。

そんなに乗るポイントがシビアなわけではないです。

そして、アリオネでは、デリケートな部分がしびれてくることがあったのですが、アリアンテにしてからは無くなりました。恐らく後述のサドルの形状が良いのだと思います。

アリアンテは腰の位置が定まるのでペダリングロスが減る

アリオネはほぼフラットですが、アリアンテは横から見たときにウェーブ形状になっています。

後ろの方が反っているため、お尻の位置が収まりやすく、腰が安定するのでペダリングロスが抑えられます

ヒルクライムなどで、アリオネだとどうしてもお尻が後ろに下がって漕ぎにくかったのですが、アリアンテにすることで解決しました。腰が下がらず安定するので、坂で腰を引いてハムストリングスで踏むことができるようになり、明らかに楽に登れるようになりました。

アリアンテは骨盤を前傾する漕ぎ方にマッチしている

フィジークのスパインコンセプト自体は、体の柔軟性をもとにしていますが、つまるところ、骨盤を立てて背中を曲げて走るならアリオネ骨盤を前傾させて走るならアリアンテということになります。骨盤を前傾させたときにサドルの反りがフィットするのがアリアンテ。よって「やまめ乗り」の人はアリオネではなく、アリアンテになるはず。また骨盤を前傾させ、背中を伸ばした方が足に力を入れなくても体重が足に乗りやすく、スピードを出しやすいです。また下ハンドルで加速するときは、ハンドルを奥に押します。一方でアリオネは、猫背気味で軽めのギアでケイデンスを高めにしたほうが乗りやすいと感じます。

実測191gのアリアンテR3カーボン

まとめ:アリアンテはヒルクライムにもおススメ!現在アリオネなどで、上体を維持するのに力を使っているなら交換する価値あり

ヒルクライムで上半身が後ろに滑っていかないように維持する力を使っているようなら(ハンドルを引くなど)、それは無駄な力を使っていることになります。その場合は、アリアンテで腰の位置を固定することで、無駄なパワーロスを減らしタイムが向上する可能性があります。

つまり、選択するべきサドルは形状は、お尻の形に合うかどうか?だけではなく、どういうペダリングをするか?でも変わってくるということですね。

アリアンテに似たサドルとしては、prologo scratch2 もラウンド型の良いサドルです。

因みにアリオネだとお尻の前後位置でポジションを調整しますが、アリアンテだとハンドルの握る位置で調整するようになりました。ハンドルのツノを握ってエアロポジションを取ったり、ブラケットの1センチ手前を握ったり。ですのでアリアンテはポジションの調整できないわけではないですし、BBに対するサドル位置という意味では、適正な状態を維持することが出来るわけです。

↓それでもアリオネが好きな人の為に、ペダリングロスを減らす方法^^

   


wiggleでalianteの価格をチェック!

コメント

タイトルとURLをコピーしました