ロードバイクのボトルケージ増設!ダウンチューブにボトルケージを追加する方法

この記事は約3分で読めます。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

ロードバイクのボトルケージの増設の仕方。サドルバックよりお勧めのツール缶の活用

ブルベやロングライドの自転車、たくさんの荷物を積載する場合、大き目のサドルバッグ(オルトリーブのLや、アピデュラなど)をつけるのが主流(?)といいますか雑誌などによく紹介されています。一方でダウンチューブについているボトルケージ、見たことないでしょうか??

ただ、あれどうやってつけているの??が分からない。タイラップみたいなので括り付けているのかなー??と思いますが、具体的にとなるといまいち情報がない。ということで、そのアイテムを見つけて、ダメになるまで使ったことがあるのでそのレポートです。

エリート BOTTOLECAGE ボトルケージ台座 VIP のインプレ これで3ボトル体制にできる!

やり方ですが、このエリートの「ボトルケージ台座VIP」という商品で増設できます!構造としては、ボトルケージ台座を太いタイラップでダウンチューブに巻き付けて固定しています。

これでダウンチューブ下にボトルケージを増設できますね。サドルバックだと振りが重くなり、自転車の軽快性が削がれますが、中身を下のボトルに移動すれば、低重心化、振りが軽くなります。そしてヒルクライムで後ろに引っ張られる感覚が軽減。そして、上の写真のようにフレームサイズが小さくボトルが一本しか搭載できない自転車にも有効。

ダウンチューブにボトルケージを増設したときの※要注意事項※

この増設で、最も気を付けなければならないのは、ブレーキや振動でボトルが飛び出して、フロントのタイヤに接触すること。私も荒れた路面を走るときにボトルが浮いてタイヤに接触。ボトルが削れてしまったことがあります。幸いタイヤはロックしませんでしたが、要注意です!

これを防ぐには、ホールド力のしっかりしたボトルケージを選ぶことが重要です。

普段は軽量で使いやすい TACX の DEVA というボトルケージを使用していますが、ダウンチューブ下に取り付けるには構造上強度が不足します。なんと、一度ボトルが脱落してしまったことがあります(そのボトルは、結局回収することが出来ませんでした。。。携帯ツールもろともパーに・・・)その後、エリートのPARONを使用してからは脱落したことがありません

自前のツール缶との相性が重要。上記の例はエリートのプレミアムジップケースの場合です。

あとロングツール缶だとフレームサイズ次第ですがタイヤに接触する可能性があります。

増設後は台座のグラつきに注意!

この商品は一度リニューアルされており、完成度(取り付けやすさなど)が以前のものより格段に良くなりました。価格も高くないしとってもオススメできる商品です。

以前のタイプは長期間使用すると、内部のネジがサビでダメになりました。新商品は今後の経年劣化がどうなるかわかりませんが、ボトルをつかんでグラグラしていたら、ネジが劣化の恐れがあります。汗やスポーツドリンク、泥などで腐食や劣化が進んでいると判断するべきです。ぜひ、注意してみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました