NIKON(ニコン)用広角ズームに TAMRON(タムロン)15-30mm F2.8(A012) と AF-S NIKKOR 18-35mm F3.5-4.5G ED 、AF-S nikkor 28mm F1.8G ED のレビュー

この記事は約10分で読めます。
スポンサーリンク

ミラーレス全盛の時代ですが、一眼レフのレンズのレビューです。※今回カメラの話だけで自転車関係ないです(^^;

スポンサーリンク

NIKON用広角ズームに TAMRON 15-30mm F2.8(A012) と AF-S NIKKOR 18-35mm F3.5-4.5G ED のレビュー

最近のミラーレス化で一眼レフのレンズが安くなっています。ということで、ミラーレスより一眼レフがいい人にとっては中古レンズがお買い得です(笑)

ニコンFマウントの広角ズームのラインナップ

意外に悩めるNIKON Fマウントの広角ズーム。主要なものをリストアップすると以下

  • AF-S NIKKOR 18-35mm F3.5-4.5G ED 385g 最短28cm
  • TAMRON 17-35mm F2.8-4(A037) 460g 最短28cm
  • AF-S NIKKOR 16-35mm F4G ED 680g 最短28cm
  • AF-S NIKKOR 14-28mm F2.8G ED 970g 最短28cm
  • TAMRON SP15-30mm F2.8(A012) 1100g 最短28cm
タムロンの17-35mm。軽量で明るく画質も定評があります。こちらも有力な候補ですが、出来るだけ軽いレンズで軽快にカメラを振り回したいので選びませんでした。これから一本だけ買うなら非常におススメ出来ます。

全て最短撮影距離は28cm。注意しなければならないのは、カメラのレンズというものはカタログスペック通りの重さでは無いということです。レンズは当然フードを付けて撮影するし、レンズキャップもつます。例えば、カタログ385gの AF-S NIKKOR 18-35mm F3.5-4.5G ED でも、フード込やレンズキャップ込みで軽量すると 432gになります。カタログ値は385gなので約50g重い。一般的にカメラのレンズは60g位は重くなると考えて選んだ方が無難です。(大きなフードのレンズはもっと重くなります)

広角ズームの選択は画質と重さのトレードオフ

画質で言うと、

AF-S NIKKOR 14-28mm F2.8G ED 980g
TAMRON 15-30mm F2.8(A012) 1100g

長い間「神レンズ」」と言われていた、AF-S NIKKOR 14-28mm F2.8G ED

が良いですがなんせこの2本のレンズは重すぎます。星空でも撮らないならF2.8は不要でしょう。

私の場合、カメラボディに実測で500gを超えるレンズを付けると、重くてかったるい感じがしてくるので機動性重視の時は実測で500g以下のレンズがイイ。ということで軽量版レンズとして18-35mm f3.5-4.5G ED を入手しました。(タムロンのA012持ってるんですけど出番が無くて・・・(^^;)

タムロンの15-30mmF2.8(左)とニコンの18-35mm F3.5-4.5G ED(右) サイズもですが、重さが全然違いすぎます

AF-S NIKKOR 18-35mmF3.5-4.5G ED 18mm側の描写と逆光耐性、周辺光量落ちについて

18mmでF5.6の写真がコレ。等倍で見ても十分な解像度。色収差もごくわずかで目立ちません。(58mm f1.4G や 35mm f2D などと比べて。よく見れば森林のふちにごくわずかな色収差があります。)

18mmF5.6にて、周辺光量は補正しています。キレを感じるスッキリした遠景描写。風景写真向けです

18ミリ開放で太陽に向けるという厳しい逆光テストでコレ。全然平気です。素晴らしい!

18mmF3.5(開放)で撮影。周辺光量落ちは補正していません。描写は流石にちょっと甘くなります

こういうレンズの常として、開放で周辺光量落ちが盛大にありますが、活用すれば空をドラマチックな色に出来るかも。

濃い青を演出してみた(笑)

因みに18mm開放だと、最周辺での描写はモヤッと甘くなるので、スッキリとした描写を求めるならF5.6まで絞りたいですね。

AF-S NIKKOR 18-35mmF3.5-4.5G EDの接写能力とボケ味

35mm開放の写真がコレ。ボケも悪いわけではありません。むしろ安いズーム(といっても定価10万円超えてるけど・・・(^^;)にしては結構いいと思います。

奥にある茶色いツタや柵のボケ方をみても煩わしくなっていません! 意外にボケが良くてビックリ

もう一枚、比較用に寄って35mm開放で。ピントのある部分は十分にシャープ。

AF-S NIKKOR 18-35mmF3.5-4.5G ED 35mm端 F4.5開放で撮影

少し古いレンズである NIKONの AI AF NIKKOR 35mmF2Dで撮影(絞りはF2.2)したものと比べるとボケの大きさは異なるけど、質自体は悪いわけではない。

NIKONの AI AF NIKKOR 35mmF2Dで撮影 F2.2。ボケ方がクラシックレンズ風ですね

同じ被写体をSIGMA 35mmf1.4ARTで撮ったもの。絞りはF2.2です。当然、広角ズームの方がボケ味は劣りますが、かなり健闘していると言えます。

定評あるSIGMAの35mmF1.4ARTでの撮影。ボケは柔らかくピントもシャープ

単焦点レンズと比較してこれだけの写りなら十分すぎる。

ところで、昔、フィルムカメラ時代に買った安いTOKINAの広角ズームが酷い写りだったので、このクラスのレンズには全く期待していませんでしたが、開放からなかなか良い写りでビックリ!もっとも安いレンズの弱点は、光が少ないような悪条件でイマイチな描写になるというのが最たるものなので、晴天の日によく写らないようでは困りますね。

※NIKON用35mmレンズの比較はこちら

※参考までに高画質とされるスマホでもボケ味はこんなもんです。

シャオミのスマホ、Mi10PROのカメラ。独特すぎるボケ。1インチに近いセンサーですが、一眼とくらべるならまずレンズの画質に差があり過ぎます

TAMRON SP 15-30mm F2.8 Di VC USD(A012) の画質、サンプル写真

一方で大きく重く、高画質なレンズ TAMRON SP 15-30mm F2.8 Di VC USD(A012)について 。NIKON純正の14-28に匹敵すると言われるレンズです。

レンズは出目金でフィルターを取り付けることはできません

タムロンの15-30mmで青空を撮るとこんな感じ。高級レンズらしく、写りに艶が加わる感じ。色収差は更に少ない。

15mmで。発色も良く端正な写り

驚いたのはそのシャープネス。干潮の海で岩にへばりつく海藻の一本一本を描き分ける解像度!文句のつけようがありません!

右下付近の等倍画像でコレです。

試しに撮ってみて驚いた!海藻が丸わかり!

輝度差のあるシーン。良いレンズはシャドー部の諧調も豊富だと感じます。

こちらも15mmで

接写しても非常にシャープでボケも悪くない。

28mmで寄って撮影。F2.8開放

真正面なら逆光にも弱くないのですが、弱点は、出目金レンズに横から光が入るとき。これは星空にレンズを向けていますが、横から街灯の光がレンズに当たっています。これが問題になる人はコーティングが改良されたMODEL042を購入しましょう。(正式な型番は SP 15-30mm F/2.8 Di VC USD G2 (Model A041)になります)

試しに星空撮ろうとしたらビックリ

画質や明るさ、15mmの画角を備えた良いレンズですが、持ち出すのが非常に億劫な1100g。カメラバッグに入れるにも重いし太いし、カメラに付けて歩くのも一苦労です。

ということで明確に出番がある時以外は、まず持ち出すことが無いレンズでもあります(^^; いまなら中古で5万円台で手に入るので、高性能な広角レンズが欲しい人にとてもおススメ出来ます。コーティングが改良されたタイプ(A041)は中古でも10万円しますが、5万円のA012でも光学系は同じですので、超広角レンズがあまり出番のない人は旧型がお買い得でしょう。

ニコンFマウントの広角単焦点レンズのラインナップ

参考までにニコンマウントの広角単焦点レンズのラインナップはこちら。

  • AF-S nikkor 35mmF1.8G ED 305g 最短25cm
  • AF-S nikkor 28mmF1.8G ED 330g 最短25cm
  • AF-S nikkor 24mmF1.8G ED 355g 最短23cm
  • AF-S nikkor 20mmF1.8G ED 355g 最短20cm
  • AF-S nikkor 28mmF1.4E ED 645g 最短28cm
  • AF-S nikkor 24mmF1.4G ED 620g 最短25cm

AF-S NIKKOR 18-35mm F3.5-4.5Gに20mmf1.8の明るいレンズ追加しても合計で740g。タムロンのSP15-30mmF2.8より軽量に出来ます。

単焦点レンズのAF-S NIKKOR 28mmf1.8G

AF-S nikkor 28mm F1.8G ED

折角だからAF-S nikkor 28mm F1.8G EDについて。ニコンには28mm f1.4Eという凄いレンズと24mm f1.8Gという高評価なレンズが(メーカー公表のMTFが明らかに28ミリf1.8Gより良い)があるのでスルーされがちなのが28mm f1.8G。でも意外といい写りをします。

F1.8開放で。とろりとしたボケ。ボケた被写体の周辺が滲むようなかんじ?

当然ですがズームレンズとは一線を画すレンズ。抜けや発色が良く、近接でのボケ方がとてもイイ。同じ単焦点で比べても、ニコンの35mmF1.8G EDよりボケは美しいと感じます。

28mm F1.8の開放で

軽くて使い勝手が良い。発色の良さは流石に単焦点のナノクリスタルコートレンズです。

F2.2で撮影。引き画でも背景をほんのりぼかすことができます。ズームレンズにありがちなギスギスしたシャープネスは皆無

弱点は AF-S NIKKOR 18-35mm F3.5-4.5G よりもパープルフリンジが出る点。これは設計が少し古いからでしょうね。(LIGHTROOMで補正しきれない出方をすることがあります(^^;)

夜の写真 F2かF1.8かどっちかで 中距離のボケは近接の時ほどよくは無い印象

明るいレンズなので夜のスナップもイケます。

夜の写真、F2かF1.8で 近接時は雰囲気のあるとろりとしたボケ方をします

最新のレンズ(例えばSIGMAのARTとかZシリーズのレンズとか)と異なり、ちょっとオールドっぽい味わいもあるようなレンズに感じます。(10年以上前のレンズだから当たり前か・・・(^^;)これも定価10万円位のレンズですが中古で3万円くらいで買えるのでおススメ出来ます。

開放での描写 このレンズ、なんとなく立体感のある写りをします

因みに 28mm f1.8 というのは、高価な 24mm f1.4G と同じぐらいの量のボケを得られるようです(細かく言うと24mm f1.6と同じくらい)。

※単焦点で2本セットにするなら50mmがいいかな

まとめ:迷っているならAF-S NIKKOR 18-35mmF3.5-4.5G EDは軽量でおススメできる広角ズーム

ニコンの広角ズームの中では安い方になるAF-S NIKKOR 18-35mmF3.5-4.5G ED。確かに一本20万円位する高級レンズやナノクリスタルコートの単焦点レンズのような、艶っとした品のある写りとはいえませんが、そもそも定価10万円位のズームにそれを求めるのは無理があります。

18-35mm F3.5-4.5G ED の35mm付近、開放で

しかし逆光にも強く十分にシャープ。コントラストも高く、ワイド端の周辺光量を補正して使えばまず文句が出ないはず。なにより軽さが素晴らしい!今なら中古で3万円ぐらいで手に入るので非常におススメ出来ます。

太いけど軽い NIKONの18-35mm(左) 昔の28-105mmレンズと並べてみる。

ニコンの18-35GミリF3.5-4.5G EDはマップカメラの中古なら3万円台↓

AF-S NIKKOR 18-35mm f/3.5-4.5G EDの中古一覧【楽天マップカメラ】

 

高性能なタムロンの15-30mm。定価は15万円超ですが、5万円台とめっちゃ安くなっています↓

タムロンSP15-30mmF2.8はこちら【楽天マップカメラ】

 

あと、定価10万円する ニコンの28mmF1.8Gも3万円台でお買い得です。広角でとろりとしたボケが欲しいならオススメ。本当はこちらの方がお気に入りです(笑)

AF-S NIKKOR 28mm f/1.8G の中古一覧【楽天マップカメラ】

コメント

タイトルとURLをコピーしました