CHAPTER2(チャプター2)のTERE(テレ)のインプレ

この記事は約5分で読めます。
スポンサーリンク

今回、CHAPTER2(チャプター2)のTERE(テレ)で60キロ&獲得標高1800mのライドをすることが出来たのでインプレです。チャプター2バイクの一覧についてはこちらの記事をどうぞ

スポンサーリンク

CHAPTER2(チャプター2)のTERE(テレ)のインプレ

チャプター2のオールラウンドバイクに位置づけられるモデル、TERE(テレ)のインプレです。カムテール形状を採用した、コンパクトエアロ。エアロを意識しながらMサイズでフレーム重量950g、フォーク390gと軽量に仕上がっています。

今回試乗したTEREは、R9100のデュラエース組で、ASTUTOのホイールにグラベルキングを履いています。

カムテール形状のエアロ効果、明らかに感じる風抜けの良さ

まず感じたのは風抜けの良さ!普段乗っているノーマルロードのフェルトFR1より明らかに風抜けが良いです。コンパクトエアロですが十分な効果がありますね。

REREの記事でも書きましたが、マイケルライスさんのTTの最高記録は、REREではなくTEREで出したということですので、十分なエアロ効果があるのでしょう!

CHAPTER2、TERE(テレ)のヒルクライム性能を、エアロロードのREREと比較

TEREのライドではいきなり12%位の登りから始まるヒルクライムに突入しました(^^;

登りは同じチャプター2のエアロロードREREより登りやすいです。激坂でREREは、少しモッサリ感がでるのですがTEREは全く問題無し

TEREはダンシングでも回しても良い感じで登ります。そして乗り味がREREよりグラベルバイクのAOに似ていることにビックリ!AOとうりふたつと言っても過言ではありません。もちろんエアロ効果はTEREの方が上なんですけど、踏み心地や乗り味が似ています!

グラベルバイクというか、マルチロードのAO

ヘッドの剛性が高く、ダウンヒル性能高めです

1800m近く登ってからのダウンヒルでは、フロント剛性が超しっかりしているので、カーブの多い長い下り坂でも、ビクともせず、しっかりラインをトレースすることが出来ました。

芦ノ湖の見えるポイント

TEREのダウンヒルの動画です↓ ダウンヒルの性能は非常に高いです。

Facebook Watchから: Chapter2 Bikes Japanさん
安定して下れるTEREの感動は乗らなきゃ解りません。 CHAPTER2 RIDE。 www.chapter2bikes.com/ #chapter2japan #TERE #chapter2tere #c2tere #chapter2 #thejoyofcycling...

CHAPTER2のTEREを、REREとAO、FELT FR1、BIANCHI SEMPREと比較

感じた性能差を分かりやすく比較してみます。FR1は私が普段乗っているFELTのクライミングバイクです(フレーム重量840g,フォーク300g)。BIANCHI SEMPREはクライミング向きのエントリーカーボンロード(フレーム重量990g)ですね。

  • エアロ効果 RERE>TERE>SEMPRE>=AO=FR1 (SEMPREはスタックが小さい為)
  • 登坂性能 FR1>TERE=AO>RERE>=SEMPRE
  • ダウンヒル性能 AO>=RERE=TERE>FR1>SEMPRE (AOは太いタイヤを履けるため)

↑これは明らかに、TEREを選んでおけば間違いない感じです(笑)

エアロ効果の影響で、30キロ以上ならAOよりTEREやREREの方が速いです。

CHAPTER2のエアロロード RERE(フレーム998g、フォーク398g)

登坂性能はCHAPTER2のAOが意外に登ります。TEREのオーナーがAOに乗り換えたところ、しっかり登るのに驚いていました。

まだ試せていないCHAPTER2のクライミングバイク、HURU

CHAPTER2のクライミングバイクである HURU にはちょい乗り程度ですが振動吸収性が良いのに驚きました。また、ヘッド下ベアリングがTEREやREREより軽量化のために小さくなっているので若干ダウンヒル性能が下がって、T1000カーボンを使っている(フレーム重量789g,フォークが379g)ので、 FELT FR1より登るのではないかと思います。

CHAPTER2(チャプター2) TERE(テレ)のインプレをまとめ

TERE(テレ)のインプレのまとめです。

  • 乗り味はREREよりAOに似ている!
  • コンパクトエアロは確かにエアロ効果を感じる!
  • ヒルクライム性能はエアロロードのREREより上!
  • つまりREREとAOの間に位置するバイク

ということでチャプター2のTEREは、エアロもヒルクライムもダウンヒルもOK!踏み疲れしづらい剛性(だけどカチッとしてて、踏んだ力を無駄にしない感じ)の、バランスの取れたオールラウンダーでした。全くメーカーのうたい文句通りのインプレで、あんまり役に立たなかったかも(^^;

TEREのこのカラーリングかっこいいですね!

REREとTEREで迷っているなら簡単で、平坦メインならRERE(緩やかなアップダウン、短めの登りは得意)、登り重視ならTERE。私は一時間ぐらいの登りを含むコースを走るなら確実にTEREを選びたいです。

一番驚いたのは、TEREの乗り味がAOに似ていることですね。改めてマルチロードのAOは一台で何でもできるバイクだなと感じました!

TEREとAOを選ぶポイントとしては、今後グラベルを走ったり、バイクパッキングをしたい、太いタイヤを入れたいなら AO(アオ)。舗装路メインならエアロ効果の高い TERE(テレ)を購入すると幸せになれそうです!※TEREでもDISCなら30cが入ります。(公式スペックだと最大28mmと書いてありますが、30cが入るそうです(笑))リムブレーキで28mmが入ります。

TERE の MATT + GLOSS BLACKバージョン

TEREはフレームセットで¥269,400 (税別)で、エアロ性能もありヒルクライムも出来るので、超お買い得なバイクと思います。また、乗り味がリドレーやピナレロ、トレック、スペシャライズド、フェルトなど、どれとも異なるので、気になる場合は試乗をおすすめします。

https://jp-jp.chapter2bikes.com/range/tere
CHAPTER2 is an Award Winning Designed in New Zealand performance Road and Gravel bike brand founded by Mike Pryde. Ride your next Chapter.

CHAPTER2バイクのTERE,RERE,HURU,AO、全4台のスペック一覧はこちら↓

エアロロードのREREのインプレ

とても良いバイク、マルチロードのAOのインプレ↓

上のインプレの元となるFR1について、またその他試乗したバイクの短評(ドグマ、ヘリウム、サーヴェロ、エモンダなど)

コメント

タイトルとURLをコピーしました