フロントシングル化にも、やっぱりSRAMの11-36T!40T×11-36Tで、50-14Tから34-30Tまでカバーできる!

この記事は約4分で読めます。
スポンサーリンク

これまでフロントシングルはギアのつながりが悪いと思っていたのですが、よ~く考えたらSRAMの11-36Tがフロントシングルとの組み合わせに優れていることに気づきました。

スポンサーリンク

フロント40T×SRAM PG-1170 11-36Tでフロントシングル化!

フロントシングルにSRAMの11-36Tはベストチョイスではないか?

これまで、フロントシングルのギアのつながりが悪いという理由で、ダブルの方が優れている!と思っていたのですが、SRAMの11-36Tがあるのをすっかり忘れていました。

SRAM PG-1170 11-36T 11,12,13,15,17,9,22,25,28,32,36T

これで高速域のギアのつながりを解決することができます。

例えば、このSRAM PG-1170 11-36Tに、32cのタイヤ、ケイデンス90の場合のギア比と速度表はこうなります↓

40Tとの組み合わせでは、50-14Tから34-30Tまでカバーします

これで高速域が足りないなら42Tにすれば2kmアップ軽いギアが足りなければ36Tや34Tでも良いでしょう。私は40キロ出ればOKなので、38Tか40Tで十分。

GRXの40Tクランク

フロントダブルでも実質は14~15速くらい。この40T×11-36Tなら、50-34T×11-30Tから11,12,13Tの3枚抜いたギア構成を実現することが出来ました。

この赤枠の中を11枚を実現してるようなもの ※ケイデンス90、23Cの場合

※自分で書いといて忘れてました(^^; 36Tが要らない人は11-32TもSRAMは優れています

フロントチェーンリング、インナー30Tの欠点

アウター46T、インナー30Tにするとギアがクロスレシオに出来る上に、貧脚にも優しいギア比を実現出来るのでとってもお気に入りだったのですが、実はインナー30Tには一つだけ欠点があります

20%の激坂を登る為につけた、インナー30T どこでも行ける頼もしい奴です
奥日光を延々と走るような、高低差の大きい山岳ロングライド用途でのインナー30Tは超良い

それは・・・

かかりが悪い!!

軽いギアでクルクル回して登坂するには良いのですが、トルクをかけてグイグイ行くとき、30Tだと微妙にかかりが悪い。ということでチェーンリングを大きくして、軽いギアを付けてみたかったのも今回の動機の一つ。

※SHIMANO(シマノ)のスプロケット、11-40T、11-42T、11-46Tの比較(CS-M8000、CS-M7000)

フロントシングルにしたときにメジャーなシマノのスプロケットには11-40Tと11-42Tがあります。そのCS-M8000のギアテーブルはこちら

  • 11-40T 11-13-15-17-19-21-24-27-31-35-40 411g
  • 11-42T  11-13-15-17-19-21-24-28-32-37-42 434g
  • 11-46T 11-13-15-17-19-21-24-28-32-37-46 437g

なんと11-24Tまでは完全に同じ!つまり、11-40Tを選んでも、11-46Tを選んでも20km/h以上ではギアのつながりは同じになります。そして11-42Tと46Tでは一番下のギアが異なり、3g重くなるだけ。

参考に11-46Tでケイデンス90の場合

もしSRAMの11-36Tでロー側が足りない場合は、シマノの11-46Tを選ぶと、12Tの代わりに46Tが得られるような結果になります。※ロー側ギア比が36Tの1.11より軽い、46Tの0.87が入ります。

CS-M8000の11-42T ロー側がアルミになるのでそこまでの重量化にならない

まとめ:フロントシングルはやはりSRAMに一日の長あり

まぁ46T-30Tのダブルでも全然いいんですけど、考えてみたらシングルでもSRAMの11-36Tなら上手くいきそう。私は速いギアは不要ですし・・・やはりSRAMは、シマノより、フロントシングルのラインナップが充実している分、スプロケットも優れているのでしょう。

実測374gですが、スプロケットを留めているプラスチックのパーツを外すと369gくらいでしょう。

結局この組み合わせでCHAPTER2のAOを組みました↓ 乗った感じもGOOD!です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました