エアロハンドルに、ROCKBROS(ロックブロス)サイコン マウントの購入インプレ(インテグレーテッド タイプ)

この記事は約5分で読めます。
スポンサーリンク

エアロハンドルで使用するためにインテグレーテッド タイプのサイクルコンピュータ・マウントを購入しました。

スポンサーリンク

エアロハンドルのアウトフロントマウントに、ROCKBROS(ロックブロス)サイコン マウントの購入インプレ(インテグレーテッド タイプ)

どうしても見た目が気になるエアロハンドル×サイクルコンピュータ

これまで、サイクルコンピューターって、サイコン本体に付属するマウントとゴムでハンドルに取り付けていました。しかし、コレ、エアロハンドルになるとどうしても気になる。

なんかすごくカッコ悪いし、めちゃくちゃ空力悪そうです

折角のエアロハンドルなのになんだかカッコ良くない。空力が悪くなるってのもあるけど、そんな1wとか2wって話より、カッコ悪い見た目が許せない。ってことでサイクルコンピュータのマウントを物色しだした。

サイクルコンピュータのマウントって高くない!?

で、調べてみたらエアロハンドル用のマウント、めっちゃ高くないですか??この小さいプラスチックパーツがこんなに高いの、とても買おうと思えませんでした。

K-Edge ( )
K-Edge
¥7,580(2024/02/24 23:14時点)

確かにハンドル毎やサイコン毎の専用品が必要だったりするので高くなるの分かるんですけど。もうちょっとこのへんもある程度は汎用規格にして、同じパーツを使いまわしできるようにしてもらえないものかなぁ、と。

↓汎用品としてパっと思いついたのはコレですが・・・

各社のマウントの代わりにハンドルバーと同じ太さのバーを付ければ解決?!

しかし、これだとカッコ悪い問題は解決しそうにない。ほとんどアイスキャンディーやんけ!

安い中華サイコンマウントを物色(インテグレーテッド タイプ)

安いものを探すべく、amazonを検索すると、中華サイコンマウントがそれなりに出てきます。どれにしようか迷いましたが、聞いたことあるような名前のROCKBROSなら大丈夫かもしれない、と思ったので注文しました。(サイクルモードにも出展するようですし)

ROCKBROS(ロックブロス)のアウトフロントマウントの付属品

届いた第一印象は、え?意外にちゃんとしてる?!本体の棒の部分は、しっかりした剛性を感じます。

本体は硬いプラスチック製、ネジ類にはロックタイトが塗られてないので振動での「緩み」に注意!

付属品はマウントが三種類。GAM、B、Wと書かれていてそれぞれ garmin、bryton 、wahooに相当。

Wが反対向きになっててMにみえますけど

GOPROやライト類の取り付けも可能だし、各種ネジ類、六角レンチも付属します。

※私は GOPRO を持ってないので、GOPROを取り付けた時の安定性は評価出来ません。

ROCKBROS(ロックブロス)のマウントの実測重量

本体のネジ穴にマウントだけつけて重量測定すると約20g。公称は15gですが、それは棒だけの重さですね。

あ、でもこの向きじゃサイコンがつけられないぞ??ということで、サイコンを取り付けられる向きになるように、GOPRO等用のブラケットマウントを使って取り付け。

ブライトンのサイコンを取り付けられる向きにするには、下のブラケットが必要です

使える状態での実測重量は26.5g。

GOPRO等用のネジはつけない状態で26.5gです

バイクとのマッチングと、付属のBryton(ブライトン)用マウントについて

バイクに取り付けたところは以下。マッチングはとても良好

ハンドルとサイコンのクリアランスはこんな感じ、全く問題ありません

これで見た目は解決!また、少し操作してみても、本体にヤワイ感じはない。

CHAPTER2 MANA2 ハンドルと BRYTON 750SE の組み合わせにはバッチリです

サイコン(ブライトン750SE)の取り付けは、純正品より硬め。硬いんだけど、ロック感は純正品に一歩譲るか。溝と出っ張りの噛み合いがもう一つキッチリきづらい印象。カッチリ嵌りづらいけど、一度ハマるとガタはありません。

社外品のマウントに不安な場合、ストラップを使った運用もあり

ただ、そもそも、ブライトン・マウント自体のロック性能が不安定に感じます。だって、以前使っていたSIGMAに比べると、ブライトンの純正マウントでも明らかにロックが緩い。

SIGMAのサイコンのマウントは、時計回りに入れるとカチッとハマるようになっていました

それに SIGMA のGPSサイコンって、一方向にしか回転しなかったから、安定性はより高かった。

BRYTONだと強く当たった場合、どちらに回っても外れる可能性があり、特にこういう社外品のマウントを使う場合は、万が一に備えてサイコンにストラップをつけて運用するのもいいかもしれません。Brytonのサイコン 750SE にもわざわざストラップが付属していたことですし。

このマウントのすぐそばの穴って、もしかして、ストラップ用に開いてる??

マウントすぐそばの穴にストラップを通してみるとこうなります。

やっぱりストラップつけたらちょっとカッコ悪いかもしれない・・・

でも、ハンドルにストラップが届くなら、そっちの方がスマートかも。

やっぱりこっちの方がマシかな

なにはともあれ、見た目の問題が解決したので満足。走行中にサイコンの操作をしてもガタもなく、特に問題なし。ライトやGOPROなどはまだ試していませんが、サイコンを取り付けるだけならROCKBROSは十分なマウントだと思います。

定番品としてはレックマウント

今回購入したROCKBROSのマウント。GARMIN、BRYTON、WAHOO、XOSSに対応のようです

汎用ハンドル用のストラップ

3Dプリンタ製 ガーミン用脱落防止クリップ ~GPSサイクルコンピューターの脱落を防ぐ、ワンタッチで脱着できる命綱~ | すくみずログ
GarminやWahoo、BrytonといったGPSサイクルコンピューターを使い、ライド中の各種データ確認やログ記録を行うサイクリストは多い。これらの製品の多くは、本体を90度ひねることで脱着できるマウントが採用されているが、走行中手が当た...

コメント

タイトルとURLをコピーしました