機械式DISCブレーキ用のコンポまとめ(ワイヤー式DISCブレーキのコンポ)

この記事は約10分で読めます。
スポンサーリンク

さて、先日油圧DISCブレーキのバイクに200kmくらい乗ってみて、まぁやっぱり効きのいい油圧DISCブレーキも悪くはないね!と思いました。さて、DISC化するにしても油圧が当たり前のような感じですが、ワイヤー式であれば自分でもメンテナンスは容易だろうということで機械式(ワイヤーで引くタイプ)のDISCブレーキについて調べてみようと思います。(結論から言うと、1470gの軽量DISCホイールを買っても既存コンポを流用すれば、+5万円あればDISC車を組むことが出来ます)

最高級のXTRのブレーキローター
スポンサーリンク

機械式(ワイヤー式)DISCブレーキ用コンポのブレーキとブラケットレバーまとめ

ロードバイクもDISCブレーキ化がどんどん進んで遂にDISC車しか発売されないフレームも出てきています。ワイヤー式のDISC車にも乗ったことある(テクトロの安いやつで利きが悪かった(^^;)し、油圧と違って整備もしたことありますが、コンポセット全体だとどんな感じなのでしょうか?

シマノロードコンポのメカニカルディスクブレーキについて

以下のDISC用のメカニカルブレーキは、全て互換性は NEW SUPER SLRになります。んん???てことは既存のキャリパーブレーキ用のシフトレバーでブレーキを引けることになりますね!

つまり新しいDISCフレームを購入した時に、初期投資を抑えたければ、既存の NEW SUPER SLR 対応のコンポ(SORA3500でも5700でも、R9100でもOKです)と今回ピックアップしているブレーキキャリパーDISCホイールを組み合わせればOK(primeのattaqerでOKでしょう)ということになりますね。グラベル走るなら、予備にクラリスのこのレバーつけても良いですし(笑)

シマノ BL-R2000 右レバーのみ EBLR2000CR
BL-R2000

因みに、シマノのロードバイク用コンポのDISCブレーキについては、ティアグラ以上のグレードはすべて油圧ブレーキ、そしてクラリスにはディスクブレーキが用意されていません。ですので、メカニカルDISCブレーキを選ぼうと思うとSORA一択になります!

また話題のGRXコンポも油圧ブレーキのみです。

個人的には、まだ油圧のSTIがあまりにも重すぎると思うのでイマイチ手が伸びません

※油圧ブレーキのSTIは DURA-ACEでも ST-R9120 505gもあるんですよね・・・ ワイヤ変速では無くて、DI2にすれば解決するんですけどね~(ST-R9170なら320g!定価もほぼ10万円!)。まぁそこまでDISC化にお金かけてられないので(^^;

ということでワイヤー式ディスクブレーキについてまとめてみました!

シマノ製メカニカルディスクブレーキの選択 SORA3500のBR-R317

SORA3500のブレーキ BR-R317 215g  ポストマウント

推奨ローターはSM-RT54の160mm DEORE M6000 グレードになります。

もしくは  RT-MT800 の140 mm XTのM8000グレード。

シマノ(SHIMANO) ディスクローター RT-MT800 140mm 付属/内側セレーションロックリング

推奨レバーはST9001/ST6800/ST5800/ST3500などが指定されているので、もちろん現行のR9100などでも使用可能です。そうそう、ブレーキ自体に前用と後用があるので注意!

BR-R517 105グレードのメカニカルブレーキ

105&ティアグラグレードのブレーキキャリパー BR-R517  ポストマウント

既に在庫が無ければ手に入らない型番ですが、中級グレードのメカニカルブレーキになります。もちろん、ST6700、ST5700やST4600でも引けます。死蔵している10速コンポを新しいグラベルバイクにつけるなんて夢があるじゃないですか!?

BR-CX77 シマノ製メカニカルディスクブレーキの本命はこれ?

シクロクロス用に分類されるブレーキ CX70シリーズの BR-CX77  159g   ポストマウント

なんといっても軽量で安い!これ結構いいんじゃないでしょうか

例えば、有名な AVIDのメカニカルディスクブレーキ BB7 SL 159gですが2万円以上する高価なものです!

「BB7SL」の画像検索結果
22000円くらいする高級ブレーキです!

このBR-CX77も、推奨レバーが ST-9001/ST-6800/ST-6870/ST-6700/ST-6770/ BL-R780 とされています。つまり、既存のR9100などの11速コンポと組み合わせて使えるということ。もちろん上記と同じく、死蔵している5700の105や、6700アルテグラなんかと組み合わせてグラベルバイク作るなんて楽しそうです^^

シマノのサイトでは推奨ローターはSM-RT81の140mmと160mmとされています。

シマノ ディスクブレーキローター SM-RT81 180mm センターロック ナロータイプ 35550

BR-RS305 はポストマウント用ではなく、フラットマウント用ブレーキキャリパー

SORA相当のグレードの BR-RS305 こちらはフラットマウントになります。

推奨パッドは SM-RT54/RT56 , (160 mm)、 , RT-MT800 , (140 mm/160 mm)

フラットマウントのブレーキが必要なら迷う余地なくコレ一択です(現在はほぼフラットマウントのバイクしかないと思いますが・・・)。完成車でTRPのしょぼいキャリパーがついてるのであれば、こちらに交換することで制動力アップすることでしょう。

また、このブレーキに最高級品のローターを合わせているバイクに乗ったことがありますが、制動力は十分にありました。

SRAMの BB7S AVID Disc Brake

先ほどのBB7SLの下位機種になりますが、ぐっとお求めやすくなります。重量は197g。ローターが81gと軽量ですね。制動力を上げたいなら160mmのローターを選べばよいでしょう。恐らく、上記と同じシマノのSTIで十分に引けるでしょう。

TRP SPYRE FLAT MOUNT ケーブル式対向ピストン式ディスクブレーキキャリパーならフラットマウントがある

ワイヤー式ですが対向ピストンの TRP SPYRE。フラットマウントが存在します。こちらもシマノのSTIで引くことが出来る機械式DISCブレーキキャリパーです。シマノ純正のBR-RS305と異なり対向ピストン式なのでローターの片減りを抑えられるのがポイントですね。ただし、対向ピストンなので若干引きが重くなる。(そもそも、戻りバネの力が強すぎる印象もあります(^^;) そこは組付けでカバーしたいところですね。

実測で159.5gでした

あとはフロントに取り付けるのにアダプターが必要な点が要注意です。

※フロント使用時には別途FLATMOUNTADAPTERF5(64141000)が必要。
※リア160mm使用時には別途FLATMOUNTADAPTERF6(64142000)が必要。

上(?)からみたところ

実際に組み付けたところ、引きも軽いし制動力も十分で気に入りました!

TRPのSPYRE インプレ(ワイヤー式メカニカルDISCブレーキ)
今回、CHAPTER2のAOにはワイヤー式ディスクブレーキである TRP SPYRE を取り付けました。使ってみたので早速インプレです。※因みにインプレの基準になる、私が普段使っているブレーキはR9100のブレーキですTR...

TEKTRO(テクトロ) フラットマウント メカニカル ディスクブレーキ MD-C550はTRP SPYREの下位グレード、対向ピストン式!フラットマウント仕様!

TRPの下位グレードであるTEKTROからも対向ピストン式のDISCブレーキが発売されています。

このMD-C550を採用した完成車もチラホラ見かけることが出来ます。実物は見たことないのですが、写真を見る限り TRP SPYRE とほぼ同じのよう。SPYREにある、カバーとケーブルガイドを取り除いただけのように見えます。

TRP – HY-RD ケーブル・油圧式ディスクブレーキキャリパー

TRPの、ワイヤー式ブレーキを油圧にできるという面白いDISCブレーキキャリパー205g

なんと、キャリパーのタンクに入っているオイルで油圧ブレーキになる!油圧なので両側からローターをパッドで挟んでくれる。フラットマウント&ポストマウントともにあり。夢のあるパーツですね^^

TRP – HY-RD キャリパー¥10900 – ¥11000 wiggle

TRP - HY-RD キャリパー
実際に使っている人に聞くと、とてもお気に入りだということでした

JuinTECH F1 Hydraulic Flat mount

恐らく、他のメーカーの同様のブレーキをOEM製造していると思われるJuinTECHのワイヤー式油圧DISCブレーキ。TRPと同じ仕組みで、シマノのSTIで引いたワイヤーで油圧ブレーキが掛けられます。

JuinTECHのブレーキ!フラットマウント

しかもこちらはメンテナンスフリー!しかも前後キャリパー&ローター込みで2万円以下!BR-RS305と、このJuinTECHが最高のフラットマウントDISCブレーキでしょう!

以下、メーカーによるスペック表↓ 多分みんな欲しかった奴がコレです(笑)

油圧式 デュアルピストン方式
フラットマウント式
●ミネラルオイル仕様(メンテナンス不要)
●ローター:GG-RO01 φ160mm (ステンレス製)
●交換用ブレーキパッド:GG-DP17+SP17 (シマノ互換性あり)
●アダプター:GG-FM03(フロントのみ)
●チェーンステイ用取付けボルト:M5×29mm+39mm+44mm 各2本
●カラー:アルマイト ブラック、グレー
●重量 本体:前(アダプター付)/165g 後/149g ローター/118g
●価格 ¥24,500(前後セット)

オイル交換はしないで下さい、保証の対象外になります。
Disc Rotorはφ160mmを基本仕様に致しております。(140mm Rotorは装着できません)

明らかにOEM製品である、GORIXのワイヤー引きDISCブレーキ

GORIXからも同じようなものが出ていますが、きっとOEM商品でしょう。注意点としては140mmが使えず、160mmしか使えないので「ブレーキが効きすぎる!」と感じたときにローターを小さく出来ない点があります。

GROWTAC(グロータック) EQUAL 機械式ディスクブレーキキャリパーセット

新発売されるというグロータックの機械式ディスクブレーキキャリパーセット

グロータックのHPより転載

ケーブルルーティングなどを見直し、引きが軽くなった紐式DISCブレーキキャリパーだそうです。これは面白そうですね。グロータックはなんと機械式DISCキャリパー専用のケーブルまで販売しているほどのこだわりよう。価格も発表され、「EQUAL 機械式ディスクブレーキキャリパー2個セット(フラットマウント)フルセット」で¥30,200(税抜)と少々高価ですが、これからの発売に期待できます。

機械式DISCブレーキ用のケーブル by グロータック

確かに、ケーブルルーティングが真っすぐになるように作られていて素晴らしいですね。

グロータックの資料より。某他社製キャリパーは、かなり無茶な取り回しになっています

とはいえ、SPYREならここまで悪いルーティングになりません(^^;

TRP SPYRE のフロント側

グロータックは「片押し」なので、「対向式」に比べるとディスクに対するキャリパーの位置調整が若干シビアになりますが。利きは非常に良いようなので、有力な選択肢になります。

まとめ:シマノの純正メカニカルディスクブレーキなら、BR-CX77が良い!のだが・・・

ということで、まとめてみましたが、どうしてもSORAグレードって言われるとちょっと・・・みたいな感じもあるので、軽量でグレードの高い、BR-CX77が良いのではないでしょうか。もしくは調整のしやすそうな BB7S AVID Disc Brake

しかし、めっきりフラットマウントのディスク車ばかり。シマノからアダプタは出ていますが、実際に取り付けられるクリアランスがあるかどうかは実車を見てみないと分からないところ。そうなってくると、BR-RS305JuinTECH F1 Hydraulic Flat mountの出番ですね!(シマノのRS305がなんだかんだで安心かも) あとは対向ピストンの、TEKTROの MD-C550 や TRP SPYRE のパッドなどをシマノ純正品に交換して使う手もあります。

つまり、既存のコンポを流用することにすれば、ホイールをprimeのattaqer、ブレーキをBR-RS305、ローターをSM-RT54くらいを選べば、フレーム+5万円位でDISC車を組むことが出来ます^^

ポストマウント用のブレーキキャリパーをフラットマウントに取り付けるにはシマノからでているアダプターで取り付けることが出来ます↓

DISCでも1470gと超軽量なお買い得ホイール↓

結局TRPのSPYREを購入しました

DISC車のみの車種↓

グラベル用に650Bホイールを選ぶなら

コメント

  1. 機械式野郎 より:

    EQUAL 機械式ディスクブレーキキャリパー試乗会でついてるロードに乗せてもらいましたが
    引きが軽いうえに普段乗ってる油圧と同等に効きました、正直とどろきました。
    しかも利き味を調整できる様でかなり軽い。
    輪行がしやすい、油圧のSTIが握りにくいなどの理由があれば十分選択になると思います。

    • sciffsciff より:

      今は他の機械式ディスクブレーキの在庫がほぼ無いこともあって、EQUAL 機械式ディスクブレーキの発売は福音ですね。
      ワイヤー&ワイヤリングに工夫のあとが見られますし、油圧と同等に効くというのも驚きです!

タイトルとURLをコピーしました