どんなコンポでも変速できるSTI!!Growtac(グロータック)のEqual Lever(イコールレバー)について

この記事は約3分で読めます。
スポンサーリンク

どんなコンポでも変速できるSTI、グロータックのイコールレバーについてです。

スポンサーリンク

Growtac(グロータック)の Equal Lever(イコールレバー)!どんなコンポにも合わせることが出来るSTIが発売予定!

R9200で機械式変速レバーが出るかどうか?気になりますよね。そんな中、機械式で12速でも13速でも引けるSTIが開発中、それがグロータックのイコールレバーです。

グロータックのイコールレバーとはどんなSTIなのか??

2021年8月時点ではイコールレバーはまだ発売されておらず、サイクルモード大阪にて参考出品されていました。イコールレバーとは、STIの中のプーリーサイズを変更することで、どんなコンポの組みあわせでも引くことが出来るSTIです。

実際の展示、見後なMIXコンポです。 XTのリアディレーラーがついてますね

発売されれば例えば、9速のリアディレーラーで11速のスプロケットを引くなんてことも可能になります。

ところで、グロータックは、カンパニョーロのレバーでシマノのコンポの変速を出来るイコールプーリーを販売しています。※俗にいうシマニョーロ

これがイコールプーリーです

レバーの中のプーリーのサイズを変更することで、ワイヤの引き量を調整。そうすることで、純正同士の組み合わせでなくとも、変速を実現しています。

これをカンパ×シマノに限らずに実現しよう!という、一歩進めたSTIがこのイコールレバーですね。

私も変速させてもらいましたが、違和感などなく非常にスムーズに変速しました。発売されれば、もちろん12速や13速もプーリー変更で引くことが可能でしょう!

グロータックのイコールレバーのスペックはどうなるか?

折角なので開発者の方にお話を伺うと、重量はアルテグラのSTIぐらいになる見込みとのこと。※約450gかそれより少し軽いという見込みでしょう。

アルテグラのSTI、ST6800は450g

そして、左レバーの中身はどうするか、まだ検討中のようでした。

フロントシングルなら左レバーの変速機構を取っ払えば、もっと軽量に出来そうですね。※400g切る位になるとメチャクチャ嬉しいですね。

※まとめ:シマノのR9200やR8100で機械式変速が出なくてもイコールレバーが発売されれば問題無し!

ということで、グロータックのイコールレバー、ニッチ商品になりますが発売が楽しみなパーツ。ディスクブレーキのバイクは油圧ディスク×電動STIじゃないと楽しみづらい風潮)ですが、このイコールレバーを同社のイコールブレーキと合わせれば、フルメカニカルでディスクのロードバイクを楽しむことが出来ます

自転車は電動より、ワイヤーのカチカチ感が好き!っていう人には非常にハマるパーツになるでしょう。

グロータックのワイヤー式ディスクブレーキ、イコールブレーキはこちら↓

イコールプーリーはこちら↓

STIになる前の変速機構が良く分かるのが、ダイアコンペのウイングシフター

コメント

タイトルとURLをコピーしました