Veloflex Corsa Race TLR(ヴェロフレックス・コルサレース・チューブレスレディ)のインプレ 開封、取り付け編

この記事は約5分で読めます。
スポンサーリンク

久しぶりに試した新型タイヤ Veloflex Corsa Race TLR(ヴェロフレックス・コルサレース・チューブレスレディ)のインプレです。

スポンサーリンク

Veloflex Corsa Race TLR(ヴェロフレックス・コルサレース・チューブレスレディ)のインプレ 開封、装着編

こないだ最新チューブレスタイヤについて調べていたら欲しくなったのがこの VELOFLEX 。専らチューブラーのイメージの強いVELOFLEXですが、遂にチューブレスタイヤを発売しました!

Veloflex Corsa Race TLR(ヴェロフレックス・コルサレース・チューブレスレディ)の実測重量

早速ですが、25cの実測重量は二本とも223gと非常に軽量(カタログ225g)。

パッケージを開けたときに感じる只者ではないタイヤという印象。非常に薄くしなやか、そして独特の強いゴムの匂い。美しいタンカラー。思わずマジマジと見てしまう美しさです。

薄くてしなやか。そしてゴムの感触がします

handmade in Italy の VELOFLEX。この黒いゴムの部分は手作りで貼り合わされているのでしょうか。

黒いゴムの部分だけ別のものが一枚上に載っています。そしてタンサイドには繊維が見える

Veloflex Corsa Race TLR(ヴェロフレックス・コルサレース・チューブレスレディ)の装着性について

初めから分かっていたことですが装着は簡単な部類では無いです。まず、取り付けが少々固め。素手で上げるのは困難でしょう。そしてそのあとフロアポンプではビードを上げることが出来ませんでした。(ビード部もゴムの粘着力が強い感じがするのでビードワックスを使ったほうが良いでしょう。)結局CO2ボンベで一発。パンパン!とイイ音がしてビードがあがりました。

とりあえずCO2ボンベで一発OK

しかし、サイドウォール付近からの空気漏れがあります。

CO2ボンベで空気を入れた直後、明らかにサイドから出てくる気泡

うーんこんなに激しく漏れるのは初めてかも。ということでシーラントを投入。メーカー推奨ではないカフェラテックスを40ccほど

噂どおりの盛大なシーラント漏れ

ホイールをよく回転させましたがエア漏れが止まる気配がありません(2気圧以上空気が入らない)。ということで追加で20cc投入。リムとタイヤの間から漏れているようなので、2気圧くらいで馴染ませる為に軽く走行。そしたら4気圧まで入るようになって、もう一回7気圧入れて走行。これでエア漏れがピッタリ止まりました。

※ラテックスベースのタイヤなので、一日1気圧程度下がるのは通常の範囲ということです

とりあえずフロントだけの装着です

※この方法は自転車に乗ってビード部が圧力で歪むと、微妙な部分からシーラントが漏れてきて埋めてくれるので、手で馴染ませるより早いと思います。

因みにメーカー推奨のシーラントはこちら

  • Joe’s no flats – Super Sealant
  • Mavic – Tire sealant
  • Stan’s no tubes – Tire sealant

ラテックスの乗り心地を維持するために、ラテックスベースのシーラントを推奨されています。今回投入したカフェラテックスもラテックス製なので問題ないでしょう。

※シーラントでチューブレスタイヤはどれくらい重くなるのか?

シーラントを大量に投入するとタイヤが重くなりそうで心理的な抵抗があります。しかし、シーラントのうち、蒸発した水分はタイヤの重さになりません。以前使っていたシュワルベプロワンはサイドからシーラントが漏れるので、追いシーラントをして60cc以上のシーラントを投入していますが、60g重くなったわけではありません。

測定した結果はこちら↓

シュワルベプロワンに60cc以上のカフェラテックスを投入した個体

もともと247gのタイヤが272gになっていたので25g重くなっていました。これは、タイヤの内側全体にラテックスの膜が出来てる状態です。

ということで、今回のVELOFLEXも25g増(223g→248g)くらいで安定するでしょう

まとめ:Veloflex Corsa Race TLR(ヴェロフレックス・コルサレース・チューブレスレディ)は非常に軽量なチューブレスタイヤ。装着は少し難しい

新しいチューブレスタイヤを使うときは、相性の問題などうまくいくか心配があります。この Veloflex Corsa Race TLR(ヴェロフレックス・コルサレース・チューブレスレディ)はやはり独特なタイヤです。サイドのタイヤとホイールの境目からこれだけシーラントが漏れるタイヤは初めて。このようになるという事前の情報 ( BORA WTO でも漏れているのでホイールとの相性問題ではなさそう) が無ければ不良品を疑うレベルでした。しかし、漏れが止まれば染み出してくるようなこともなく、ピタッと止まっているので大丈夫でしょう。

しかし本当に美しいタイヤです。走っている時に下を見るとテンションが上がります。フロントだけでは特に転がりが良い感じはしませんが(比較対象はシュワルベプロワンとIRCのRBCC s-light です) 悪い感じもしません。クッション性は良い気がします。乗り込んだらインプレを書こうと思います。

VELOFLEXのTLRはamazonに見当たりませんがここ(楽天)で買えます↓ 私の場合、ステータスが「取り寄せ」になっていましたが、注文した翌日に届いてビックリしました

VELOFLEX (ヴェロフレックス) Corsa Race TLR 25mm Gum チューブレスレディタイヤ

カンパのレバーはチューブレスでも使いやすいです。また、VELOFLEXを使おうという人で、ビードワックスを持っていない人はシュワルベのイージーフィットをおすすめします

メーカー推奨はカフェラテックスでは無くこちらのシーラントです。最高の性能のためにはこちらを使いましょう。

Joe’s No Flats – Super シーラント

その後、前後ともにveloflexに交換して走ってみました↓

VELOFLEX Corsa RACE TLR (ヴェロフレックス・コルサ・チューブレスレディー)のインプレ!ベロフレックスのチューブレスタイヤ
VELOFLEX Corsa RACE TLRのインプレ。開封&取り付けについては前回やったので、今回は乗ったインプレを書きます。VELOFLEX CORSA RACE TLR (ヴェロフレックス・コルサ・チュ...

コメント

タイトルとURLをコピーしました