グラベルバイクには泥除けをつけよう! 3枚入りで500円の中華 ASS SAVERSやLIFELINEは役に立つのか?!

この記事は約3分で読めます。
スポンサーリンク

簡易泥除けのASS SAVERを落として失くしてしまったので、中華製の泥除けを購入してみました。

スポンサーリンク

グラベルバイクには泥除けをつけよう! 3枚入りで500円の中華 ASS SAVERSやLIFELINEは役に立つのか?!

さて、私はロードバイクに乗る時でも、ふだんから簡易泥除けを愛用しています。

長く愛用しているバイシクルクラブの付録の泥よけ、こんなのでも意外に雨を防いでくれる

理由は林道なんかを走っていると路面を水が流れていることがあるからです。そんな時に泥除けがあるのとないのでは大違い。泥除けが無い時は、ビブが泥水まみれになって非常によろしくない感じになってしまいます。

こんな田舎を走っていると水が山からあふれていることが多いです。

で、定番は ASSSAVERSなんですけど、私は二枚落として失くしてしまいました。自分の取り付け方が悪いのか、どうもフィット感が悪い。ガタガタ道を走るのが多いからかもしれません。

上がバイシクルクラブの付録、下が定番のASSSAVER。バイシクルクラブの付録は、サドルレールへ食い込む溝があるので落下しづらいようだ

一方でバイシクルクラブの付録についていた簡易泥除けは、ずーっと無くならずにサドルにくっ付いています。悪路でも落ちないポイントは、泥よけがサドルレールに食い込むように溝がある点。

で、今回2枚目の ASS SAVERS をなくしたのでバイシクルクラブの付録に似た、中華ASSSAVERを購入してみました。

500円で3枚入りの ASS SAVERS

さてこの商品、amazonの口コミで「3枚入ってた!」とか書かれていて、半信半疑ながら、この価格なら失敗してもイイかということで注文。実際に届いたものを開けると

500円で3枚入り!これなら無くしても平気ですね

ちゃんと3枚入っていました!しかし、明らかに泥除けとしての長さは短めです(^^;

肝心の泥除け部分がとっても短め

サドルに取り付けるときのフィット感はかなり硬め

しかし、泥よけとしてはかなり短いです・・・(^^;

これなら落ちる気配がありません。泥よけとしての面積は少し小さめなので心もとないのですが、これでも無いよりあったほうがマシ。防御力はかなり低くなるので、雨の日に通勤するような用途には全くおススメ出来ません。私の場合、雨の日に走る為の泥除けではなく、あくまで晴れた日の路面の水でお尻が濡れない為の簡易泥除けなのすがそれでも物足りない感じがあります。

wiggleで買えるLIFELINEの簡易泥除け

また、wiggleではLIFELINEの泥よけを買うことが出来ます。

真ん中がLIFELINE、一番下が3枚500円の中華ASSSAVERです。サドルへの取り付け溝の位置を合わせています

こちらはASSSAVERより、かなり硬く肉厚な素材で出来ていて頑丈な印象。取り付けるとこんな感じ。

明らかに中華ASSSAVERより長く、良い出来です

横幅は少し広めでしっかりと付きます。これなら落とすこともなさそう。

まとめ:ASS SAVERを 落としてしまう人は溝があるタイプの泥除けを買うと良いかも

ということで、私と同じように ASS SAVER を使い倒していて、何回も無くしてしまうという人は、サドルレールに食い込む溝があるタイプの泥除けを買ってみるのも良いかもしれません。ところで簡易泥除けは、サイクルスポーツの2022年5月号にも付録として付属します。

LifeLine - リアマッドガード

LifeLine – リアマッドガード¥988

LifeLine - フロントマッドガード

LifeLine – フロントマッドガード¥575

LifeLine - Essential ロードクリップオンリアマッドガード (ナロータイプ)

LifeLine – Essential ロードクリップオンリアマッドガード (ナロータイプ)¥575

コメント

タイトルとURLをコピーしました