SHIMANO(シマノ) XTR PD-M9100-S と FIZIK(フィジーク) M1 UOMOのインプレ

この記事は約5分で読めます。
スポンサーリンク

SPD-SL派だったロード乗りが、初めてまともにSPDセットを使ったインプレと感想です^^

スポンサーリンク

SHIMANO XTR PD-M9100-S と FIZIK M1UOMOのセットでSPDペダルのインプレ

田舎に引っ越して、最近グラベルに突っ込むことが増えたので、SPDペダルが気になっていました。その時のまとめ記事についてはこちら

XTRのショートアスクルモデル PD-M9100-S のインプレ

色々とSPDペダルについて調べた結果、使ったことのあるクランクブラザーズではなく、XTRのショートアスクルモデル PD-M9100-Sを購入!軽量なロード用SPDペダル PD-ES600 と迷いましたが、性格的にどうせXTRも欲しくなるだろうから、最初からXTRを買いました。(スタックハイトもXTRの方が低いでしょう

開けたてホヤホヤのXTRペダル M9100-S。ペダルの下にクリートが入っています。

さっそくFELTのFR1に装着しました。

これ、良いですね^^ QファクターもSPD-SLと全く変わらないし、びっくりするほど初回から全く違和感なし!両面キャッチできるのはスピードプレイのペダルみたいで快感です(笑)

ロードにSPDペダルも悪くないですね。本当にスピードプレイみたい。

これまで デュラエースのペダル、PD9000とハイエンドシューズ RC9をつかっていましたが、高速走行でなければ全くの違和感なし。シューズに FIZIKのM1UOMO というソール剛性の高いものを選んだこともあり、踏み面の狭さは特に気になりません

そしてどこでも平気で歩けるSPDシューズが楽しすぎる!

気にしていたシューズの固定力については、最弱にセッティングしたところ、これまた少し緩いぐらいで全く問題無し。初心者でもライトアクション並みに設定できます^^

また、クリートの左右の動きが結構あるので、青クリートや赤クリートを使っている人は違和感あるかもしれません。(私は青クリート派ですが気にはなりませんでした)

FIZIK(フィジーク)のSPDシューズ M1 UOMOのインプレ

さて、ほぼインプレが見当たらないFIZIKのSPDシューズM1 UOMOのインプレです。

ハイエンドシューズだけあって、基本的にソール剛性は高いですが、歩行には全く問題無し。近所の散歩だけをしても大丈夫。少なくとも SPD-SL シューズとは歩きやすさは雲泥の差

インソールが衝撃を吸収するように出来ていて、足当たりが柔らかいので、歩きやすさにつながっています。ペダルを漕いだ時も足に来なくて良いですね。

FIZIK M1UOMO。最新のシューズの方が軽いけど、カッコよくて安かったから選びました

ラチェット部が弱い&使いづらい、というインプレも散見されますが、ちょっとコツがいるものの、ちゃんと快適に使うことが出来ます。経年仕様の劣化についてはこれからじゃないと分かりません(^^;

因みにサイズについては、シマノでノーマル幅の39.5を履いている私で、fizikの40でジャストフィット。っていうかハーフサイズが見当たらなかったので、39を選ぶか、40になります。そして、FIZIKはシマノよりも爪先が若干狭いので、歩くことを考慮するとハーフサイズ下げるという選択肢はなかったですね。

spd-slシューズである、シマノRC9と比べると、カカトのホールドが弱いのですが、歩くことも考慮すると、これで正解でしょう。ちなみに実測重量は片足で380g。

因みに現行品は FIZIK X1infinito になって、BOAダイヤル搭載、カタログ重量294gと超進化しています。

まとめ:ロードバイクのSPDペダルって楽しい!

最初にロードを始めるときに、SPDと迷っているということをショップに伝えたところ,SPD-SL以外ありえないみたいなことを言われてSPD-SLを履いてきましたが、ロードバイクにSPD、全然OKです!

ただ単に、普通に歩けることがこんなに快適とは!これまでもSPD-SLでもシューズカバーをして砂利道や関係なく歩いてきましたが、それでもSPDシューズには感動しました!

なんというか大袈裟ですが、世界が広がった感じ。ロードで買い物や用事に出かける自分にとってはSPDの方が向いているのかもしれません。

しかし、レースに出るようなときはやはり、SPD-SLの方が軽量ですし良いでしょう。

カカトのホールド感も攻めた走りをするときには重要です!

ペダルとシューズで今回の組み合わせだと、片足でSPD-SL 124g+243g=367g と SPD 155g+380g=535g168gの重量化。あとカカトのホールド感が大きく異なります

その時の乗り方に合わせて服を変えるように、ペダルを変えるのも全然OKですね。(ペダル交換は全く手間ではないですので^^)

今回のSPDペダル PD-M9100-S と、ペダル交換用の8mmのアーレンキー↓ XTRより軽量なペダルPD-ES600。ペダルはamazonが安いです。

wiggleのFIZIK X1 infinito はこちら

グラベルに突入しても全然平気な旧シュワルベプロワンのインプレ↓

コメント

タイトルとURLをコピーしました