IRC TIRE Marbella TUBELESS X-Guard(マーベラ チューブレス)グラベル用の26cと28cがあるチューブレスタイヤ!

この記事は約3分で読めます。
スポンサーリンク

さて、グラベル用タイヤとしてグラベルキングがあるのは知っていましたが、チューブレス仕様は32cなどの太いタイヤしかありませんでした。ところが、もっとよく調べると細い26cと28cのグラベル用チューブレスタイヤがあるやんけ!!IRCさんのラインナップはマジでややこしいです(^^;

スポンサーリンク

IRC Marbella TUBELESS X-Guard グラベル用チューブレスタイヤ!ロードバイクのグラベル化に最適!

グラベルキングの名前だと気付いたと思うんですけど、完全に違う名前です。

IRC Marbella TUBELESS X-Guard のスペック

IRCのグラベル用チューブレスタイヤである、Marbellaの外観ですが、

これを見てくださいよ、26cと28cで用意されてるタイヤと思います??

ということで Marbella TUBELESS X-Guard のスペックです。

  • 700×26C 重量:295g
  • 700×28C 重量:340g

グラベル用なので28Cを選ぶとすると結構重めのタイヤかなと。26Cはかなり軽量な印象

クリンチャー版ともいえる、グラベルキングSK PLUSとの比較

このタイヤのクリンチャー仕様ともいえる、 PANARACER Gravel King SK PLUS

  • 26C 重量:300g
  • 28C 重量:310g

26Cはチューブレスの方が軽いという謎現象!

28cを選ぶにしても、チューブを入れることを考えると、チューブレスの Marbella TUBELESS X-Guard の方が軽量ですね。もちろんチューブレスの方がエアボリュームが増える分、グラベルで快適でしょう。

IRC最新のチューブレスタイヤ、FORMULA PRO TUBELESS X-Guardとの比較

ノブ付ではない、最新型のチューブレスタイヤFORMULA PRO X-Guardと比較すると、

  • 25c 300g
  • 28c 345g
  • 30c 370g

ノブが無いのに、FORMULA PROの方が重いという謎・・・

PIRELLI(ピレリ) CINTURATO VELO (チェントラートヴェロ)チューブレスレディ

ついでにピレリの耐久性の高いチューブレスレディタイヤについて。

サイドカットに強くグラベル向き、ウェットグリップも良いとの触れ込み。転がり抵抗より、グリップを優先させた設計です。

  • 26C 290g
  • 28C 320g
  • 32C 350g
  • 35C 380g

見るからにHUTCHINSON製。コンパウンドだけピレリが開発しているのでしょう(最近発売されたグッドイヤーのタイヤきっと同じ)。

このタイヤについては、 7気圧29kmで走行中、16.6 Wattsの転がり抵抗

この数字は、Mavic Yksion Eliteや、シュワルベの新しい One TLE Performance Addix(プロワンじゃなくて安いほう)や、Panaracer Race A Evo 3と同等。耐久性に振られてると思えばありな数字。

「Mavic Yksion Elite」の画像検索結果

因みにハイエンドタイヤである PRO ONE TLE は11.2 Watts。

まとめ:IRCのタイヤラインナップ、マジで分からん!けど IRC Marbella TUBELESS X-Guard は軽くて優秀かも。

色々な競合するタイヤと比較した時に、意外にMarbella は軽量でした。ロードバイクのグラベル化、シクロクロス化にはかなりおススメできます。

しかしIRCのラインナップページ、分かりやすくならないものかな。

コメント

タイトルとURLをコピーしました