ディスクブレーキのローター径を交換!Growtac(グロータック)EQUAL(イコール)×リア160mmと140mmを比較してみました

この記事は約4分で読めます。
スポンサーリンク

セッティング次第で変わるディスクブレーキ制動力。今回、思うところがあってリアのローター径を160mmから140mmへ交換してみました

スポンサーリンク

ディスクブレーキのローター径、リアの SM-RT70 を160mmから140mmに交換。どちらの方が良いか?

初めてのディスクブレーキのバイク「CHAPTER2 AO」を組んで、油圧では無いワイヤー式のディスクブレーキを採用しました。そして、機械式ディスクは制動力が低いらしいという噂を元にリアに160mmを装着。

最初はTRPのSPYREというブレーキを付けていたのですが、EQUALブレーキが発売されたので交換したところ、グンと制動力がアップ!そうなると、これまでのリア160mmのローターではどうも効きすぎる気がするので140mmに交換してみました。

交換したローターは両方ともSM-RT70というグレード

Growtac(グロータック)EQUAL(イコール)ブレーキ×リア160mmローターのインプレ

タイヤはフロント&リアともに35c相当の太さ、フロントはグラベルキングSSでリアはグラベルキングのスリックです。そして私の体重は60kg。

この条件ではリアの制動力が高いです。具体的には、下りの舗装路でリヤがロックして滑り出しやすい

この傾向は、TRP SPYRE でも EQUALブレーキでも変わらず、EQUALに変えたことで余計にハッキリ認識したという印象。絶対的な制動力は明らかに高いのに、一気に握り込むとリアが滑る為、気を使いながらソロリソロリとブレーキングするという本末転倒な感じ

160mmのローターを装着していたとき

結論としてはリアが160mmというのはもっと体重が重い人や、グリップ力が高いもっと太いタイヤを履いている人向けです。

Growtac(グロータック)EQUAL(イコール)ブレーキ×リア140mmローターのインプレ

リアのローターを140mmに交換して感じたのは明らかにコントロール性がUPしたということ!

機械式DISCブレーキでも、140mmはいいぞ!

リアがロックして滑り出しづらくなった。とはいえ、ロックさせようと思えばすることが出来ます。フロントとリアを同時にかけたときのバランスが良くなりました。そもそもロードバイクにおけるリアブレーキはスピードのコントロールが重要な役割で、停まる時はフロントの制動力が重要。ということで、やっぱりスタンダードであるフロント160mm、リア140mmというのは超GOOD!

自分で出来る、ディスクローターの交換作業 & SM-RT70の実測重量

ディスクローターの交換は簡単でした。まず、ホイールからこれまでのローターを外します。今回のは外セレーションタイプのロックリングなのでBB工具でOK。

シマノの工具は使いやすいです

外したローターを体重測定→洗浄してフロントに使うように保管しておきます。

SM-RT70の160mmは実測131.5g

140mmのローターを用意して

SM-RT70の140mmは実測119.5g 12gの軽量化^^

同じくBB工具で取り付け

ローターが小さくなったので精悍な印象に

ブレーキキャリパーの160mm用の台座を外して

ブレーキとフレームの間にある160mm用ローター用の台座を外す必要があります

台座が無くなった分、取り付けネジの長さに注意してブレーキを再装着(EQUALは複数の長さのネジが入っているので安心です。)

EQUALは7~11mmネジが出ているのが適正な長さです

締め付け&センタリング

こういう場所の作業は、トピークのラチェットレンチが異常に使いやすいです

でOK。簡単な作業でした。

まとめ:機械式ディスクブレーキでも、ロードバイクのリアディスクローターは140mmで十分でした!

これまでリムブレーキのR9100の方がコントロールしやすく、ディスクブレーキで感じていた「ロックしやすい」という不満。リアのローターを140mmにすることで改善することが出来ました。

ということでロードバイクのリアディスクローターは140mmで十分!15%以上の激坂の下りで試して、油圧よりも制動力が劣るとされる機械式ディスクでもそれは変わりません。32c~35cのスリックタイヤ(グラベルキング)だと、タイヤのグリップ力が制動力に勝てないからです。

リアのローターが小さくなって、見た目もスッキリしました

 

今回のEQUALブレーキと、各種140mmのローター。真ん中のが軽量でコスパが良いです。台座用のボルトはEQUALブレーキを買えばセットに入っています。※TRPのブレーキにはついていませんでした

自分で作業するならおススメの工具、トピークのラチェットレンチ↓

GROWTACのEQUALブレーキのインプレ

TRPのSPYREブレーキのインプレ

コメント

タイトルとURLをコピーしました