EASTON(イーストン) EC90slx カーボンハンドルのインプレ

この記事は約3分で読めます。
スポンサーリンク

カーボンハンドル EASTON EC90slxのインプレです

スポンサーリンク

EASTON(イーストン) EC90slx カーボンハンドルのインプレ

チャプター2 TOAにとりあえずつけて組んだ、EASTON EC90SLXカーボンハンドル。まあまあ使ったのでインプレでも書いてみようかと。

このEASTONのEC90SLX、昔サイスポで安井さんに褒められてたような気がするのでストックしていたハンドル。今はケーブル用の溝があるようですが、私のは溝の無いシンプルな丸パイプで構成されています。

現行品、グラフィックも私のものとは異なります

EASTONのロード用カーボンハンドルのラインナップ

ところで現行のEASTONのハンドルのラインナップとしては、このEC90SLXより、更に軽量なE100(178g)と、少し重くなるEC70SLX(220g)もラインナップされています。現行ハンドルのリーチは80mm、ドロップ125mmとなっていますが・・・

私のはリーチ75mmドロップ130mmです。

どうやら若干の仕様変更があったようです

あと現行品にはエアロハンドルのEC70AERO(255g)もあるようです。

なかなかカッコいいエアロハンドル

EASTON EC90slx カーボンハンドルは軽くて硬い!

インプレとしては、軽くて硬いハンドル!以上!という感じの正当なカーボンハンドル実測重量は198gと軽量。気になるとしたら、丸パイプで構成されているのでエアロ性能は低いんじゃないかと思う。そこくらいかな。要するにごくごく普通のハンドル。

下のハンドルがEASTON EC90SLXです。ごくごくオーソドックスな形状をしています。 上はグラベルバイク用のバンディー2

じゃあカーボンだから剛性感と振動吸収はどうかというと、剛性感は高いと思う。ほぼしなりを感じない。少なくとも3TのERGONOVA TEAMっていうカーボンハンドルより硬い。ERGONOVA TEAMは少ししなるような気がしたけど、それより絶対固い。アルミハンドルでお気に入りのERGO NOVA PROより硬いかもって感じ。ただ、固いから振動吸収出来るようなハンドルではないと思う。振動吸収性を求めてこのハンドルを買ったら、それは違うということになる。

完全なる丸パイプのカーボンハンドル。まじめに写真撮ってなかったからこんなのしかない・・・(^^;

ところで3Tのカーボンハンドル、ERGONOVA TEAMはパイプの肩を潰して手を置きやすくしてたり工夫があったけど、このハンドルにそういう加工はありません。

ケーブルが内装でないのも好印象。やっぱり内装って面倒だからね・・・

横から見たスタイリング。非常にフツーの形のドロップハンドル

ということで、あんまり書くことのない真面目なハンドルでした(^^;

WIGGLEのEASTON製品はこちら

PBKのEASTON製品はこちら
Prime - Primavera X-Light カーボンハンドルバー

Prime – Primavera X-Light カーボンハンドルバー¥10100(169gのカーボンハンドル)

コメント

タイトルとURLをコピーしました