ロードバイクの冬のアンダーウェアの定番、CRAFT(クラフト)Active Extreme インナーと、mont-bell(モンベル)ジオラインについて

この記事は約5分で読めます。
スポンサーリンク

冬のロードバイクに重要なウェアであるアンダーウェア。かいた汗を素早く吸収し発散させないと、汗冷えしてしまいます。ロードバイク一年生は必ず買うべきアイテムです。そこで、ロードバイクのアンダーウェアの定番である、クラフトのActive Extremeと、モンベルのジオラインを比較インプレしてみました。

スポンサーリンク

冬のアンダーウェア、モンベルのジオラインとクラフトのActive Extremeはどちらが優れているのか?

モンベルの ジオライン サイクルアンダーシャツ

モンベルのジオライン。登山にも使われる優秀なインナーウェアで、私自身これ一枚来ているだけで実際に雪山で命拾いしたことがあるインナーウェアです。それほど暖かく、汗を寄せ付けない。

しかし、ロードバイクにはこれまで大問題がありました。

着丈が短いこと。が最大の理由です。ノーマルタイプのジオラインだとどうしても前傾姿勢になるロードバイクでは背中に隙間が出来たりしてどうも収まりが悪く、自分の中で性能は認めつつも今一つ使い勝手が悪い印象でした。

しかし、自転車用のジオライン(ジオラインサイクルアンダーシャツ)が発売されたので、その問題も解決しました。

胴の丈が長くなり、前と後ろで布の厚さを使い分けられています。こういう商品が発売されるのもモンベルが自社でロードバイクを発売しだした影響ですね(シャイデックというかなり本気なロードバイクを発売しています)。ジオラインの商品へのリンクはこちら↓

【モンベル】ジオラインL.W.サイクルアンダーシャツ
優れた速乾性を備え、一年を通じて使用できる汎用性の高い薄手のモデルです。前面には適度な保温性を備え、速乾性に優れたジオライン®L.W.を使用。背面には抜群の通気性と速乾性を備えたジオライン®クールメッシュを使用しています。においの発生を抑える制菌効果を備えています。タイトなシルエットながらも、ストレッチ...

但し、前面が防風のモデルはよほど寒い状況でない限り暑すぎます(私の場合、クラフトの防風インナーを持っていたのですが、出番が無さすぎて手放しました。もちろん、防風のアウターが無い人にとっては有効でしょう)。ですので、MWモデルとLWモデル二枚買って、気温で使い分けるのが良いでしょう。アウターに最低気温5度対応のジャケットを着ていると、あとジオライン2枚があれば冬は問題なく過ごせるレベル。アウターに カステリの perfetto2longsleeve jergeyなんかだと冬でも全体がタイトフィットになってゴワゴワせずエアロ効果も見込めます。

※但し、ジオラインは暑くなりやすいのでゆるポタ向けです。

実はSPD-SLのビンディングシューズまでラインアップされているモンベル。

隠れた良品と思っているのがウィンドストッパー生地を使った雨の日用グローブ。初めて使った時、雨の日でも中が蒸れずにサラサラだったので感動しました。

【モンベル】ウィンドストッパーサイクルグローブ Men's
防風性としなやかな操作感を両立し、肌寒い時期のサイクリングに最適なグローブです。甲部分は、ゴアテックス インフィニアム™ ウインドストッパー® ファブリクスとストレッチ性に優れた表地を組み合わせることで、万全の防風性とフィット感を実現。手のひらと指先には高いグリップ力と耐久性を発揮する合成皮革を使用...
モンベルのバイク、シャイデッグ。29.8万円で7.3kg。カーボンフレームでフルアルテグラというマジ本気の作り。

CRAFT(クラフト)Active Extreme インナー

スウェーデン生まれのアンダーウェア、クラフト。

やはりロードバイクでの使い勝手では一番良かったのがクラフトのインナーウェア実はかなり薄手でジオラインよりタイトフィットです

ジオラインとの違いは、ジオラインは発熱する感じがあり、暑くなりやすいので汗をかいてしまって、乾きが早いので冷えを感じることがあるのに対して、クラフトはそうでもない点。暑くなりすぎずジオラインより体感温度が一定で安定する印象特に強度高めで走るライダーはクラフトのほうが良いでしょう。自分的にはクラフトの出番が一番多いです。

ジオラインには腹巻もあるので、お腹を冷やしやすい人(特に女性など)は腹巻だけジオラインを購入という手もあります。(ていうか嫁にはそうしています)

クラフトは海外製品なので、袖と着丈が長め。袖が長い分、手袋との隙間が出来ないので自分的には好印象。

薄手なので真冬には少し寒く感じることがあるのですが、中にOUTWETやミレーのメッシュインナーを着ると空気の保持層が出来る為、暖かく感じられて更に性能が良くなります。もしくはミドルウェアを一枚着ることで解決します。

どちらのインナーも性能が良いので、持っていないならまずは一枚買おう

ロードバイク初心者でまともな冬用インナーを持っていないようでしたら、どちらでもあるのとないのでは大違いなので、まずは一枚買うことをおススメします。ユニクロのヒートテックとは段違いの性能です!ヒートテックは汗を吸いますが、乾燥が遅いので、汗をかくスポーツには全く向いていません。確実に汗冷えしてしまいます。

ヒートテックは汗をかくスポーツ向きではない 普段使いにしましょう

今の中級者以上は、既に定番であるクラフトは持っているんじゃないかと思いますし、改めてモンベルが欲しければ、かなり改良されているので購入するのも良いと思います。

ちなみに、ノーマルモデルのモンベルのジオラインLWを真冬の都内で来ていると、電車に乗ると暑すぎて汗をかくレベルです。秋冬にアンダーウェアにジオラインを着ることで、普段着を薄着に出来るのでオシャレがはかどります。ですのでロードバイクよりも、むしろ普段着のアンダーにジオラインLW、実は超おススメです(笑)

wiggle で Craft – Active Extreme CN ベースレイヤーがセールで2000円台と超お買い得!

wiggle で Castelli Perfettoジャケットシリーズがセール中!Perfetto Light 2 ジャージは9600円から!

6℃から15℃対応で防風性があって蒸れない、Castelli Perfetto Limited Edition長袖ジャージならインナーの調整でほぼ冬を越せるでしょう Tweeks Cyclesで11500円!2019/11/5現在

コメント

タイトルとURLをコピーしました