13速スプロケットのまとめ

この記事は約7分で読めます。
スポンサーリンク

各社から発売されている13速のスプロケットのまとめです。

スポンサーリンク

13速スプロケットにはどんなものがあるのか?

シマノが12速化していますが、他社では既に13速化しているコンポがあります。例えばEkarやRotorなど。それぞれフロントシングル用のコンポですが、確かに13速あればフロントシングルでも全く問題なさそうです。

Campagnolo(カンパニョーロ) EKAR(エカル)

カンパニョーロEKAR13速のスプロケットを取り付けるためには専用のN3Wフリーハブが必要。変速はEKARグループセットの機械式変速×油圧式ブレーキのレバーのみ。スプロケット定価は39,600円。非常につながりの良いギア構成と9Tがあるのが特徴です。

  • Endurance: 9-36T (9-10-11-12-13-14-16-18-20-23-27-31-36)  340g
  • Gravel Race: 9-42T (9-10-11-12-13-14-16-18-21-25-30-36-42)  390g
  • Gravel Adventure: 10-44T (10-11-12-13-14-15-17-19-22-26-32-39-44) 410g
9Tと10Tの間のギア比の違いはかなり大きくなります

Rotor(ローター)1×13

ROTORからも13sコンポがリリースされています。特徴は、非常に軽量なスプロケット。定価59,800円(税別)。取り付けには専用のRVOLVERハブが必要です。

非常にメカメカしいROTORのリアディレーラー

トップ側が10Tでロー側の種類が豊富なのが特徴。SRAM12速を13速化した感じです。(11Tや12Tが入ります)

  • 10T-36T 236g
  • 10T-39T 241g(10, 11, 12, 13, 14, 15, 17, 19, 21, 24, 28, 33 , 39)
  • 10T-46T 290g
  • 10T-52T 321g (10, 11, 12, 13, 15, 17, 19, 22, 26, 31, 37, 44, 52)
マイナーだけど見てみるとかなり悪くないギア構成のROTOR

専用のRVOLVER 1×13ハブは 前後セットで88,600円(税別)。ROTORを使いたくてもこのハブが最大の難点かも。

ところでROTORには12速もラインナップにあります。こちらも驚きの軽さ!

  • 11-36T 225 g、11-39T 221g、11-46T 282 g、11-52T 314g

更に、シマノ、SRAMのフリーハブで使える11速もラインアップにあるのでついでに掲載(笑) その名もUNO CASSETTE。こちらもウソみたいに軽い!定価は¥59,400(税込)。

  • 11-28T 135 g(11,12,13,14,15,16,17,19,21,24 ,28)
  • 11-30T 165 g(11,12,13,14,15,16,18,20,23,26,30)
  • 11-32T 168 g(11,12,13,14,15,16,18,20,23,27,32)

中華13速コンポ勢(L-twoo、S-RIDEなど)

中華コンポ勢も13速のスプロケットを発売しています。コンポによっては11速のフリーハブのままで13速対応してくれそうなのが中華コンポ。

L-twoo 13速 CS-M9013

11-50t: 11-13-15-17-19-21-23-25-28-32-36-42-50T 665g

14049.0¥ 41% OFF|Ltwoo ギアセット,13ギア,ax13 1x13s,ディレイラー,サンシャイン13v,カセット50t,sumc 13,スピードチェーン104bcd,32 38t|Bicycle Derailleur| - AliExpress
Smarter Shopping, Better Living! Aliexpress.com

S-RIDE 13速  M700 13-SPEED 11-52T

https://ja.aliexpress.com/i/4000917695784.html

他にもあるかもしれませんが、今回見つけたのはこれくらいでした。

SRAMの12速はロード用、グラベル用、MTB用がある! RED XG-1290 XPLR XG-1271 XG-1299 EAGLE

13速ではありませんが、SRAMの12速スプロケットはREDだけではありません。他にグラベル用やMTB用もあり10Tスタートで豊富なラインナップを誇ります。

  • 10-26T(10-11-12-13-14-15-16-17-19-21-23-26)
  • 10-28T(10-11-12-13-14-15-16-17–19-21-24-28)
  • 10-33T(10-11-12-13-14-15-17-19-21-24-28-33)
  • 10-36t(10,11,12,13,15,17,19,21,24,28,32,36)
  • 10-44t(10,11,13,15,17,19,21,24,28,32,38,44)
  • 10-50t(10,12,14,16,18,21,24,28,32,36,42,50)
  • 10-52t(10,12,14,16,18,21,24,28,32,36,42,52)

e*thirteen(イーサーティーン) TRS PLUS 12 SPEED CASSETTE – GEN2

あまり聞きなれないe*thirteen。こちらは12速でSRAM Eagle、 Shimano XTR, XT, SLXの 12 Speedと互換性あり。珍しく9Tトップがあります。

  • 9-50T: 9,11,13,15,17,20,23,27,31,36,42,50 393g
  • 9-46T: 9,10,12,14,16,18,21,24,28,33,39,46 336g

シマノのXTR12速

折角なのでシマノのMTB用12速も。10-45Tなら選択肢に入るかも?!

  • 10-12-14-16-18-21-24-28-32-36-40-45T  357g
  • 10-12-14-16-18-21-24-28-33-39-45-51T 367g

13速でもウイングシフターで変速可能

さて私の使用しているアナログシフターでカンパニョーロEKARの変速を試したところ、やはり13速の変速可能でした。つまりもちろん12速の変速もOK!

ウイングシフターとはコレのこと

ウィングシフターなどのフリクション式のシフターを使えば、最安で13速環境が作れるでしょう。

EKARの13速スプロケットを入れたところ

ワイヤーの引き量が足りていればなんでも変速出来てしまうのがこようなシフターの良いところです。その他の12速化の方法はこちら↓

まとめ:9Tや10Tがある12速や13速は、フロントシングルの強い味方

個人的に12速化や13速化は、フロントダブルの場合は特に必要とは思わないのですが、フロントシングルなら検討したいところ。また9Tや10Tがあればチェーンリングを小さくでき、スプロケットも小さくなるので軽量化にもつながりますね。トップに9Tが入るか、10Tまで入るかは、フリーハブの設計次第だと思うので、13速化を見据えるならホイールの選択時にフリーハブの交換が出来るかどうか?対応するフリーハブは何か?もチェックしておいた方が良いと思います。

EKARの13速とウイングシフター↓チェーンも13速に変更する必要があります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました