BLUE LUG(ブルーラグ) Triangle Reflector(トライアングルリフレクター) のインプレ

この記事は約4分で読めます。
スポンサーリンク

見た目が気に入って買った、BLUE LUG(ブルーラグ) Triangle Reflector(トライアングルリフレクター) のインプレです。

スポンサーリンク

BLUE LUG(ブルーラグ) Triangle Reflector(トライアングルリフレクター) のインプレ

ショップに立ち寄った際に自分のバイクにピッタリのカラーの反射板が売っていました。ということでそのままレジに。購入動機はそれだけです(笑)

BLUE LUG(ブルーラグ) Triangle Reflector(トライアングルリフレクター)はカラーリングが豊富!

この反射板の特徴は、なんといってもカラーラインアップが豊富であることが一番に挙げられます。

画像は下のBLUE LUG の WEBSHOP より

サイズも大きいものと小さめのものの2種類。自分の買ったのは小さい「mini」の方ですね。

参考までに、この紹介動画の序盤に登場するのは大きめのほうのリフレクターです。

こういう「あってもなくてもいい」ようなアイテムって、気に入らないとバイクから外しちゃうことがあると思うんですけど、このリフレクターに関しては気に入っていて外そうと思ったことは一度もありません。

mini だと邪魔にならない存在感です

取り付け方法は付属のゴムバンド

取り付けは付属のゴムバンドで行います。ゴムをシートポストなどに回して付属のロックに引っ掛けるだけ。

このようなゴムが付属します

サドルバッグやシートポストに取り付けるにはこれで十分。

シートポストあたりに取り付けてみた例

BLUE LUG(ブルーラグ) Triangle Reflector(トライアングルリフレクター) の明るさはどれくらい?

じゃあ、この反射板の明るさってどうかって?街灯の無い真っ暗な夜道でライトで照らして写真を撮るとこんな感じ。

黄色い三角形がBLUELUGです。あとは赤いテールライトと、下にある横長の長方形がMKSペダルの反射板。あと遠くにある工事の反射看板です

黄色い三角に写っているのは、このBLUELUGの反射板。そして赤いANTARE VOLCANOテールライト(公称50ルーメン)、遠くにある「工事中」の看板が反射してほんのり見えてて、下の方にMKSペダル(IC-LITE)についてるリフレクターも見えてる。

比較対象のペダルのリフレクターはコレ

BLUE LUGの反射性能は上々で、少なくともペダルより明るく見えます。なお、取り付ける時は車のライトを反射しやすいように注意しましょう。

もうちょっと上の方が後ろから見やすいな…公式ではサドルレールに取り付けるのが推奨されています

私のはminiタイプですが、目立ちたいならやはり大きい方が有利ですね。

まとめ:BLUE LUG(ブルーラグ) Triangle Reflector(トライアングルリフレクター)は普通の反射板代わりにイイ

ということで、BLUE LUG(ブルーラグ) のリフレクターは、完成車に付属するプラスチックの反射板の代わりにとてもいいと思います。だって軽くてオシャレ。

なかなか悪くないアイテムです

今のところ追突はされたことがない(むしろ結構大きく避けてくれてる印象がある)のでちゃんと役に立っていると思います。

↓因みにこのリフレクター、BLUE LUGのWEBショップでも買えますが一部を除いてカラーリングは選べないようです。近くに選べる実店舗があれば、そちらで選ぶのがいいでしょう。

トライアングルリフレクター
自転車屋ブルーラグのオンラインストアです...
【楽天で買えるBLUELUGのリフレクター】

 

リフレクターも色々あるので気に入ったものを選ぶのもいいかも。バーエンドのライトも結構目立つ印象です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました