Castelli Alpha Wind Jersey のインプレ(現行品はAlpha ROS jersey) カステリの冬用ジャケット

この記事は約8分で読めます。
スポンサーリンク

冬用ジャケットとして愛用しているCastelli Alpha Wind Jersey のインプレです。現行品は二世代進化して、ネーミングが Alpha ROS jersey→ Alpha ROS light jacketに変更になりました。

スポンサーリンク

Castelli (カステリ)Alpha Wind Jersey (アルファウインドジャージ)のインプレ (現行品は Alpha ROS jersey(アルファロスジャージ))

ネーミングはジャージですが、冬用ジャケットとしても使用できるウェア。8-15℃対応となっていますが、インナー次第で厳冬期(最低気温が0℃以下、最高気温が8℃くらい日)以外は大丈夫なウェアです。

さて、しばらくアウター遍歴を書いているので、純粋にカステリ・アルファジャージのインプレが読みたい人は、しばらく読み飛ばしてください(^^;

Castelli (カステリ)Alpha Wind Jersey (アルファウインドジャージ) に至るまでの、冬用装備アウター遍歴

  • モンベルジオライン+長袖ジャージ+ウインドブレーカー
  • パールイズミ BL3500  5℃対応ジャケット
  • MAVICサイクロンジャケット 0℃ー12℃対応
  • チャンピオンシステム 冬用ジャケット
  • Castelli アルファウィンドジャージ 8℃ー15℃

まず最初は良くある、長袖ジャージにアンダーウェア+ウインドブレーカーという装備。

冬も乗り切れるっちゃ乗り切れるものの、やっぱり7℃くらいからは寒い!冷たい風が吹くときは、耐えられない感じです。

ということで早々に評判のいいパールイズミの5℃対応ジャケット、BL3500を購入!

パールイズミ BL3500のインプレ(5℃対応のジャケット)

BL3500は、確かに悪くないジャケットでした。熱くないし、蒸れない。素材が色々と組み合わされて使われていて伸縮性があり、楽に着ることが出来ます。

ただ致命的なのは、カッティングが私には全く合わなかったこと。お腹周りがダボダボで腕回りも太いし、なんか気に入らない。試着して合うものを買ったんですが、それでもやっぱり納得がいかない。

パールイズミのサイズ表記。私はMサイズでジャストのはずなんですが・・・・

やっぱりロードたるもの折角ウェアを着るならスラっとして体に合うものが欲しいです。多分私はコンフォートフィットのウェアがあまり好きではないということのようです。(エアロ効果も違いますし)

一方で、ゆったりめのポジションで、攻めた走りをしない人にはとてもお勧めできます。実際、力を抜いてクロスバイク乗るときなんかはこのジャケットは重宝しました^^

ただ、レーシーに走りたかった私は、体型に合わないからエアロ効果低そうだし、乗ってるの時の気分が全く乗らないという理由をつけて、カッコよかったMAVICのサイクロンジャケットを追加購入

MAVICのサイクロンジャケットのインプレ 0℃ー12℃対応のジャケット

このMAVICのサイクロンジャケット。メーカーでは、0℃-12℃対応と謳いながら裏起毛ではなく、ペラペラのジャケットです。防風性能に優れ、水滴もはじく優れものでした。が、致命的な弱点が・・・前面は防風なのですが、背中の布地が薄すぎ!!走っているときは良いのですが、停まると寒い。あと腕回りが蒸れる。生地の透湿性能が今一つでした。

新しいタイプはそのあたりが改良され、腕回りにジッパーが付いているものを見たことがあります。それなら大丈夫でしょう!

私のバージョンは、アンダーウェアで調整するタイプのジャケットで腕が蒸れやすかったので、出かけるときに何を中に着ていくか悩ましいタイプでした。

とはいえ厳冬期もこれで越すことができました(輪行で駅のホームで待ってるときは寒くて辛かった(^^;)

チャンピオンシステム 冬用ジャケットのインプレ

あとチャンピオンシステムの冬用ジャケット

これは防風性能的も透湿性能もよく、温かいアンダーウェアを着れば厳冬期も余裕でいけるものでした。

ジッパーを上からも下からも開けることが出来て、体温調整もしやすくかなり優秀なジャケットだと思います。そして、厳冬期用のジャケットのように重くない。今でも大切にしているジャケットです。

チャンピオンシステム 冬場のライドに最適なPerformance ウィンタージャケットをテスト - 製品インプレッション
オーダーウェアブランドのチャンピオンシステムより、冬場のライドには欠かせない「Performance ウィンタージャケット」をテスト。撥水性も備えた防風生地を採用し、温かで使い勝手に優れたウインターウェアに仕上がる。

ただ、上のレビューにもあるように、生地はあんまり伸びないです。そんなに気にならないですけどね。というのは、チーム用ジャケットとしてつくった時に、チャンピオンシステムが試着用のウェアを貸してくれたので、それでしっかりとサイズ合わせが出来たから。

一応これはチームジャージで作ったので、チーム以外で走るときのジャケットも欲しいなぁと。

Castelli(カステリ) alpha wind jerseyを購入(8-15℃対応)

ということで、CastelliのAlpha Wind Jerseyを購入。これは同じ Castelli の perfetto ジャージや、冬用のショーツである、menoビブショーツ(元々高くないビブショーツですが、特売で5000円で買いました^^)のフィッティングが最高に良かったからです。また perfetto ジャージの防風性、透湿性も素晴らしかったので、間違いないだろうと。

私の買ったデザインはこちら。なんかちょっと独特の感じ(笑)

ここでやっと納得して、MAVICとパールイズミを手放しました。

Castelli Alpha Wind Jersey の優れている点(Alpha ROS jersey) 

ハッキリ言って、これまでのジャケットに比べて全面的に優れています^^

防風性と透湿性はもちろん、フィット感も最高!

防風生地が柔らかくてゴワゴワしないんですよね。

あと面白いのは、前の生地が二枚あります。意味わかんないでしょ?表が防風生地で、二枚目が普通の生地。それぞれジッパーで開け閉めできるので、二段階で熱さの調整が出来ます!これが寒暖差の激しい時期に優れている機能になります。

一枚開けても、中にもう一枚あります^^ (この黒いのは中のジャージじゃないです)

回りの人から、「それで寒くないの???」って言われるほど薄手の生地なんですけど、本人は平気^^

このジャージ(っていうかジャケット)でも寒いと感じる時期は、基本的に1月から2月ごろの一番寒いときしかないです。その時期はアンダーウェアを二枚重ねにするとかそういう手で乗り切れたりします。

このへんはMAVICのジャケットと考え方が似ています。あくまでジャケットは防風性能や調整機能に特化して裏地の素材は少なく、アンダーウェアやミドルウェアで体温を調整する。そのほうが結局その日のジャストに調整しやすいです。

一応、上位のエスプレッソ4ジャケットも購入しましたが、流石に厚手な感じがしてくるので、あんまり好きではないです。ここまでくると、よっぽど寒いときしか出番が無いですね・・・

国内定価4万もするジャケット(^^; 0-12℃対応。15000円以下で入手しました。

Castelli (カステリ)Alpha ROS jersey(アルファロスジャージ)

ということで私が購入したものより改良された、Alpha ROS jersey(アルファロスジャージ)が販売されています。カステリはとっても改良を施したといっています。

特徴的な点としては、縫い目に防水の為のシームテープを追加していますし、NANOFLEX生地を使っているので防水性能が向上しているのでしょう

その結果、下のインプレだとまともなインナーを選べば、0℃ー10℃でも大丈夫とされているので、低温での性能も向上していることでしょう

Castelli Alpha RoS jersey review
The Castelli Alpha RoS jersey is versatile enough to make weather-driven kit choice a non-issue

Castelli(カステリ)Alpha ROS light jacket(アルファロスライトジャケット)が最新版の様子

最新版はどうやら、Alpha ROS light jacketになったようです。

前面の布地がwindstopperから GORE-TEX INFINIUM™®150に変更されています。

前面、背面ともに生地がアップグレードされているので、私の使っているウェアとはもはや別物レベルにアップデートされているでしょう。

まとめ: Castelli (カステリ)Alpha ROS jersey(アルファロスジャージ) は、国内だと高いけど、海外通販ならそこそこの値段で手に入る高性能ジャケット

パールイズミのコンフォートフィットが体に合わない感じのする人には、カステリがとってもおすすめです。

逆にコンフォートに着たい人はカステリだと、1サイズ上げる必要があります

そして使われている生地がしなやかでフィット感に優れていて、ゴワゴワしません

ただし、インナーで調整をするタイプの考え方なので、フリース素材のようなものはほとんどついていません!そのあたりの性能をジャケットに求めるのであれば、パールイズミやチャンピオンシステムの方が優れています!

パールイズミのMがカステリのSサイズに相当します。しかし、タイトフィットになります。

ChainReactionCycles で castelli alpha jersey の価格(40%-50%オフ)をチェック

Castelli Alpha Ros Jacket AW19

Probikekit JP で カステリ アルファジャージの価格をチェック!

WIGGLEでの価格はこちら!

今は、パールイズミでもBL3600はレーシングフィットになって、お腹周りが余らないようです

最初にこれ買っていれば、こんなに色々迷うことなかったかも(^^;

あとコンフォートフィットならやはり優秀なBL3500^^

コメント

タイトルとURLをコピーしました